ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
頂上決戦 そして…
12 月 18 日は、すでに AFC 北で地区優勝を決めた、スティーラーズと Week14 でドルフィンズに負けたペイトリオッツの、事実上の頂上決戦。

ま 【頂上】 というには、ちょっとまだ気が早いような気がするが(笑)



それにしても、 Week14 のドルフィンズ戦は、アンチパッツのオレとしては、溜飲が下がる思いだった。

もちろん、ドルフィンズのすばらしいプレイの結果ではある。



DL の大活躍や、 CB ザビエン・ハワードの 2 回に及ぶインターセプト。

ここまで、インターセプトがわずかにふたつというトム・ブレイディから、 1 試合で 2 個もインターセプトをあげた、というのは、特筆すべきことだと思う。



で、 J カトラーですヨ。

引退宣言をしたものの、ドルフィンズのエース QB ライアン・タネヒルが、確か 8 月だったかナ…

ACL を断裂してしまい、早くもシーズン終了(笑)



慌ててチームにカトラーを迎え入れたものの、この人の場合、極端なスロースターターというのか、性格が強すぎるのか、とかく慣れるまでに時間がかかる。

実際、今シーズンは負け越してるし 「こらぁパッツに地区優勝を献上するのかナ」 などと思っていたのだが…



とんでもない(笑)

んもう、モノ凄いパフォーマンスでしたヨ。



ポケットワークもウマいし、冴え渡るピンポイントパス。

何度か惜しいドロップもあったモノの、さっすが! という感じです。



対照的だったのが、トム・ブレイディ。

実にらしくないプレイの数々。

アンチのオレとしては 「けけけっ!」 みたいなモンだが(笑)、そのオレが 「大丈夫なのか…?」 と心配しちゃうぐらい。



もっとも、これで終わらないのがトム・ブレイディであり、パッツであり、ビル・ベリチックである。

この人たちの、このチームの桁ハズレのアジャストは、とっても怖い。

そんで、がっちりアジャストしてきて、対スティーラーズ戦でしょ…?



(不安)



The Killer B's も、めっちゃ調子いいので、不安要素はそんなにないのだが…

ま、敢えて言えば D#の核となる、 LB のライアン・シェイジアを欠いていることか…

背骨の損傷なので、当然にして今シーズンはムリだし、あるいはもっと長くかかるかも知れないが、この人のとってもおっかない顔がフィールドにないと、やっぱりさびしい。





おっかネェ〜…





笑っても、おっかネェ〜…(笑)



ま、今から行いをよくして、斎戒沐浴して、スティーラーズ必勝の舞を奉納ダ!

(爆)



そして…







まさか、こんなところにチャージャーズの名前を見ようとは…

(感涙)



やっぱりマイク・マッコイだったのかナァ…

ブロンコスに OC として移籍したものの アッ! という間に解雇されちゃったし。

あわよくばワイルドカードに出たとしても、ワイルドカードから勝ち上がるのは至難の業だし、さすがに今のチャージャーズにそれだけの力があるとも思えないが、ま、地区優勝なんてコトになったら、そらーサンディエゴではブーイングの嵐になるんでしょうナ(笑)



残り少なくなったレギュラーシーズン。

NHK BS でしかフルゲームは見られないので(笑)、しっかり録画の準備をしとかないとナァ…
| アメリカンフットボール | 11:54 | comments(0) | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす