ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
筑波山(ワープ付き・笑)
筑波山に行こう。

筑波山なら、女房を送っていって、その足でいけるし、帰りも女房の迎えに十分間に合う。

そうしよう(笑)





さっそく休憩で、さっそくボケボケ。

orz





いつもの平沢駐車場。

自転車乗りでいっぱい。



不動峠まで上がり、もちろんフルーツラインには出ず(笑)、スカイライン経由で風返峠。

ちょうど信号が青だったので、止まらずそのままつつじヶ丘へ。





やれやれ。

今日は風が強い。

しかも、やや冷たいので、早くも汗冷えしてきた。



声をかけてきた自転車乗りと、ちょっと雑談して、そそくさと下山。

う〜…

風が冷たい…





ふもとまで下って、りんりんロードをまったりと流して駐車場着。

アッ! と言う間(笑)





まったくカロリーを消費していないのに、どうしてもこうなってしまう(笑)

でもこれで 680 円だから、お値打ちだよネ。





30km も走りませんでした(笑)
| Ridley | 16:44 | comments(14) | - |
そうなの?
一周30km無いの?
ふ〜ん。
この前固定で走ったときは相当満足したんだけどな。
2周する気にはならないもんネ。

ラーメン&炒飯、何だが安心しました。
大盛りよりも満足度が高そうで。

ウチの近所では「ラーメン&半チャーハン」と「チャーハン&半ラーメン」が両方メニューにあるお店があるけど、圧倒的に「チャーハン&半ラーメン」の方が満足度が高いの。
だってほぼ一人前のラーメンがついてくるから。
| ともちん | 2016/05/14 5:46 PM |

こんばんはm(__)m

また登ってるだとぉ!?

平地王様が平地王様じゃなくなっちゃう(。´Д⊂)

つくばはもう1回行っておかないと行けない気がするのですが、どうもトラウマでして……

| hisa | 2016/05/14 10:22 PM |

●ともさん

 そう、30kmもないんですヨ。
 あの地獄坂まで行けば、もう少し距離も出るんだろうケド、到底行く気になれないし(笑)

>2周する気にはならないもんネ。
 さすがにネェ〜
 (笑)

>大盛りよりも満足度が高そうで。
 大満足でした(笑)

 ウチの近所のラーメン屋も、半ラーメンのはずなのに、一人前で出てくるヨ。
 満足感とともに「やっちまった感」もスゴいの(爆)
| こた | 2016/05/15 8:29 AM |

●hisaちゃん

 こんにちは^^

 登る、って言っても、あの遅さですからネェ〜
 もう数えきれないぐらい抜かれたし(笑)
 28Tの巨大スプロケで行ったんだけど、結局24で通せたコトが、唯一の収穫ですかネ。

 まぁhisaちゃん、初めての筑波山はメンバーがメンバーだったし(笑)
 ぜひまた行きましょう!
 今度はふたりきりで(笑)
| こた | 2016/05/15 8:32 AM |

ちは。

なんか山ってますね(^^
身体が落ち着いたら目覚めちゃったって事でしょうかね。

・・・うん、すんばらすぃ

週末はあれがあるんで、今週は身体ならしに行きたかったんですが、やっぱり行けずじまい。
なんか嫌な予感がしております

炒飯が多いっすな(笑)
| zakk | 2016/05/16 4:13 PM |

あらら?
ちょっとした空き時間を利用して走ってるじゃないですか〜
しかもお山を。
次回の更新を楽しみにしています。
きっと激坂を上られるだろうと

ラーメン炒飯?の680円(*^^)vこれはいいですね。
今までセットなんて女の子ですから〜って敬遠してましたが
最近は”お得!”って感覚でがっつり食べてしまいます。
女子を捨て始めるお年頃なんで(笑)

| みぽりん | 2016/05/16 7:34 PM |

また車載でお出かけして、それも山を登ってますね〜。
やはり、奥多摩や埼玉西部の山々を登る予行演習してるのは間違いない。
その意欲にはお答えしないとまずいですよね。

爆走王、峠の女王、ともさんといった多摩のメンバーで走行場所やコース案を考えましょう。
安心-安全なメンツですので、安心して走行できるコースになると思います。(笑)
hisaさんも道連れ--違った…、ご一緒できるようにしましょうね。

| 監督 | 2016/05/16 11:20 PM |

●zakkちん

 こんにちは^^

 山ってるというか…
 平地は風が強いので、走りたくないだけです(笑)

 そうそう、アレがあるよネェ〜…
 早くも後悔してるんですが…(笑)

>炒飯が多いっすな(笑)
 おキライですか…?
 (笑)
| こた | 2016/05/17 11:41 AM |

●みぽりん

 正確には、「ちょっとした空き時間」ではなく、これ以外に特に用事があるワケじゃないんです(爆)

>きっと激坂を上られるだろうと
 ないない…
 (笑)

 コレで680円は安いですよネ♪
 思わず注文しちゃったし(肥)

 「女の子ですから〜」
 「女子」
 「お年頃」

 言いたいコトは山ほどありますが、自重しときます(爆)
| こた | 2016/05/17 11:43 AM |

●監督

>その意欲にはお答えしないとまずいですよね。
 まぁ絶対に監督からは、このようなコメントをいただけると確信してましたので(笑)、もう特に言うコトはございません(自爆)

 今までご案内していただいたコースで、不安を感じたコトは1回もありません(除・斜度と距離・笑)
 その意味では感謝していますが、別の意味では…(以下、自粛・笑)…

 hisaちゃん道連れというよりは、むしろ単独で拉致していただいた方が…

 (爆)
| こた | 2016/05/17 11:49 AM |

こんにちは。
自転車復活なさっていたのですね。
でも…山ばかり走ってるような…
やっぱりこたさんは坂が好きだったのですね!
能ある鷹は爪を隠すってヤツですね!

ちょくちょく時間を見つけては実走しているこたさんは素晴らしいです。
私も見習わなくては…次お会いしたとき、ついていけないかも(^^;
| あおこ | 2016/05/19 6:14 PM |

●あおこちゃん

 こんにちは^^

 復活というほど、前も今もやってないんです(笑)

 最近やっとわかってきたんですが、山登りもキラいではない。
 しかし、それはひとりでハァハァいいながらサイコンが止まるぐらいの速さで行くのがいいみたいで、速い人たちと一緒だと、お待たせするのが気が気じゃなく…(笑)

 えぇ 小心者ですから(笑)
| こた | 2016/05/22 8:44 AM |

はじめまして。突然のコメント失礼いたします。
実は、ある名前を検索していたら、こたさんの「おじいちゃんのこと2006.11.26」というブログに辿り着きました。
検索していた名前は、どういう形で出てくるのだろうと、とても興味深く読ませていただきました。
読み進めていくと、探していた名前「憲原」はもちろんのこと、なんと!私の親戚の名前「野口」まで出てきました。
憲原氏は私の叔父の父親です。叔父は野口で引き取り、後々私の母の弟として養子になりました。
憲原氏は軍人で駐日大使館員で、叔父も含めた息子たちを日本に留学させていたました。上の二人の息子は寄宿舎へ。一番下の息子は野口家から慶応幼稚舎へ通っていたそうです。

戦況が悪化して憲原一家は満州へ帰国することになり、その時、頑として帰らなかった叔父は日本残留孤児になりました。
日中国交が回復した時には既に40代でしたが、両政府を通して中国に行き、母親と兄弟、親族一同と会うことができたようです。
叔父は数年前に亡くなりましたが、二人の息子(私の従兄です)と孫がおります。憲原氏の血筋はずっと続いております。
叔父が自身の生涯を書いた本があるのですが、途中で終わっているため、もっと知りたくなって検索しまくっていた訳です。

憲原氏は、粛神王の正式な子で、こたさんのおじいさまのおっしゃる通り、皇帝にもなりうる人でした。
簡単な家系図が手元にあるので、よろしければ差し上げます。

勝手に長々と書いてしまって申し訳ありません。
憲原氏の知りえない情報を知ることができて幸せです。おじいさまが語ってくださったから、知ることができました。ありがとうございました。

また、そのおかげでこたさんのブログに辿り着けました。
なんとも不思議なご縁を感じています。

また寄らせてもらいます。
ロードバイクもアメフトもよくわかりませんが、ハードロックとバーボンはわりと好きです。
ショウ(女ですが)
| ショウ | 2016/05/23 12:04 PM |

●ショウさん

 はじめまして。
 コメントありがとうございます。

 まさか憲原氏ゆかりの方からコメントをいただけるとは、夢にも思っておりませんでした。
 野口日主上人は、私が調べた限りでは、拙ブログに書いた通りなのですが、叔父上様をご養子に取られるなど、家族同様の親しい間柄だったのですね。
 当然にして私は憲原氏とは実際にお会いしたことはなく、もちろんそのご家族もまったく存じませんが、こうして消息を知ることができ、まったく世の中は狭いのか広いのか、わからないものです。

 叔父上様から続く、憲原氏の血筋、ひいては愛新覚羅家の血筋が今も脈々と続いていることを、このように血縁の方からご教示いただくとは、まったく思いもよらぬことでしたが、しかし大変喜ばしいことと感じております。

 未完ではありますが、叔父上様のご生涯を綴られた書籍があるとのこと。
 実は、叔母から聞いたことですが、当時、憲原氏と私の祖父との関係を中心に、日満交流の映画を作る、という話があったようです。
 当時のことですから、満州国の正当性をうたう、あるいは戦意高揚の内容であったのでしょうが、その叔母もとうに鬼籍に入っており、今となっては知るすべもありません。

>簡単な家系図が手元にあるので、よろしければ差し上げます。
 ありがとうございます。
 しかし、そうした貴重な品は、やはり血縁の方のお手元にあるべきかと存じますので、お心だけをありがたく頂戴することと致します。

 祖父と憲原氏は切っても切れない仲であり、子供のころから祖父、父から繰り返し聞かされてきたお名前であるだけに、私の拙い記事がきっかけで、このようにゆかりの方からお声をかけていただき、またご家族の消息も知り得たとは、まさしく感慨無量です。
 私からも御礼を申し上げます。ありがとうございました。

>また寄らせてもらいます。
 ぜひまたお越しください。
 お気軽にコメントをいただければ、大変にうれしいです。

>ロードバイクもアメフトもよくわかりませんが、ハードロックとバーボンはわりと好きです。
 おおっ!(笑)
 今度は音楽や酒の話をしたいですネ! (^^)/

こた(初老のデブオヤジですが・笑)
| こた | 2016/05/23 6:28 PM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす