ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
娘に会いにアメリカに(4)
第 3 日め:2 月 21 日(日)



さてチコでの 2 日め。

日曜日であるが、娘は月曜からの授業の準備をせねばならん、と。

クチでは言わんが、土日をオレにつきあってくれてるワケで、授業の用意とか考えたら、かなりの負担になってるんだろうナ…



なので、お昼まで一緒に食べたら、後は別行動、最後に夕飯を一緒に食べよう、というコトにする。

チコのダウンタウンは、昨日ほとんどまわってしまったので(笑)、チコの地ビール企業である 矢印Sierra Nevada Brewing に行ってみよう。



が、その前に。

昨日、予約をしたハズの North Vallay Shuttle から、何の返事もない(笑)

何らかの手段でサクラメントまで行かないと帰れないので(笑)、 NVS がダメならグレイハウンドで予約してもらわないと。



「NVS から何の返事も来ないからさぁ、明日のグレイハウンドを予約してヨ」





だんだん投げやりになってくる娘(笑)

幸い、グレイハウンドからはすぐに返事が来たので、明日はまたグレイハウンドで帰りましょうかネ。



さて、明日の足の心配もなくなったところで、さっそくでかけましょう。

このブリュワリーは、娘は学校の見学ツアーで、一度来たコトがあるという。

その時は試飲なんぞもさせてくれたようだが、まぁ今日はツアーじゃないので、試飲はできないだろうナ。



ちょっと残念(笑)





到着。







へぇ〜…



よくわからんが、このデッカイ鍋(鍋?・笑)でホップとか麦とか煮るんだろうか。

もっと近くで見てみたいが、ツアーでしか下には降りられないようだ。

そんなコトを思っていたら、



「パパ、もっと近くから見てみたいでしょ。下から見られるように、交渉してあげるヨ」

と。



え、見学ツアーじゃないのに、そんなんできるの…?





見られた(笑)

あ、モザイク忘れたケド、オレだからいいヤ(笑)



ずいぶん積極的になったナァ…

自分からこういうコト、言い出すなんてネ。

ちょっとうれしかった(笑)



ついでなので、アレコレ質問してみた。

もちろん、オレは英語はできないので(笑)、娘に通訳させて。





ホントは質問なんて、どうでもよかったんだヨ。

ただ、娘がしゃべるのを見たかったダケ(笑)









この後、併設のショップでおみやげ買ったりして、実に楽しかった♪

試飲できなかったのは、残念至極であるが(笑)



さて、時間も昼どき。

学生食堂で食べてみたかったので、学校に戻る。





学生食堂らしい雰囲気ですナ。





お昼なので、こんな感じらしいが、夕飯であれば、もうちょっといろいろなメニューが出てくるらしい。

ただ、どうしても飽きてしまうので、夕飯は近所のスーパーで材料を仕入れ、自分で作っている、と。



「英語は全然だけど、お料理だけは、ちょっとはできるようになったヨ」

(笑)





立体ベルトコンベア式下膳コーナー(笑)



さて、夕飯までいったんココで別れましょう。

オレは明日の朝、帰るので、少なくてもグレイハウンドが出るチコ駅までの道を、ひとりで歩けるようにしとかないといけないし、ま、適当にブラブラしよう。





ホントに何もない(笑)

空だけはキレイ。



娘に教えられた方向に歩いていくと、すぐに踏切に行き当たった。

というコトは、線路沿いに行けば駅に着くワケで、









着いた(笑)

目的達成(笑)

さて、どうしよう…(爆)



この辺りはまったくの住宅街で、特に何がある、ってワケでもない。

またダウンタウンに向かおうか…

方角はわかったから、適当に住宅街を抜けて帰ろうかナ…





こぶしの花が満開。

桜の花も咲いていた。

まだ 2 月なのに(笑)





途中、あちこちに、こうしたギリシャ文字? をでっかく書いた家があった。

なんでしょうネ、コレ…

で、検索してみたところ…



「グリーク・システム(Greek System)」と言い、これに参加を許可された人たちだけが、同じ建物に住んで、大学在学中は共同生活を行います。(ま、「寮」みたいなものです。)

(出典: YAHOO 知恵袋




へぇ〜…





昨日、食べたハンバーガー屋さん。

いかにも! って作りです(笑)





ちょっと楽しみにしていたチコ博物館。

チコは 1800 年台に、駅馬車隊によって開かれた街だそうで、いわゆる西部開拓史などが見られると思っていたのだが…





!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i





中心部にあるチコシティプラザ。

と言っても、何がある、というワケではなく、ただのロータリーというか公園というか(笑)







いかにも由緒有りげな建物が並んでいるが…(笑)





どうしろって、言うんだヨ(笑)

ボォーっと座っていたら、向かいにいた半裸でタトゥばりばりのおじさんが、オレを指差して 「何とかかんとか! 何とかかんとか!」 とかって、スゴい叫ぶんですヨ(笑怖)

「エ! オレ!…?!」

みたいに、思わず後ろを振り返ったが、誰もいなくて(笑)



やっぱりオレのコトを指してるみたいで、何だか近寄ってきそうな雰囲気だったので、逃げた(笑)





画像ではよくわからんが、この奥にタトゥオヤジが座ってんだよネ。

何だったんだろう…(笑)



さて、そろそろホテルに戻るか…

ホテルに戻って Wi-Fi がつながるところにいないと、娘からの連絡も入らないしネ。



ホテルで娘と待ち合わせ。

どうしてもごはん類が食べたい、というコトで、昨日クローズしていたタイ料理のお店に行くコトにした。

が、なぜか今日も閉まっていた(笑)



あ、そう言えば、街をブラブラした時に 「TERIYAKI」 って看板を見たような気がする。

そこに行って見ようか…



閉まっていた。

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i

(笑)



むーん…

どうしよう…(笑)



が、この近くに娘が友だちから美味しかった、と聞いた地中海料理のお店がある、と。

んじゃ、そこに行きましょう。





シェラネバダブリュワリーのビールがあった。

やっと飲める(笑)





ビーフの何とかという料理(笑)

見た目は安っぽいが、かなり美味しかった!

ちなみに店主はめっちゃ陽気なイラン人(笑)



チコでの予定は、コレにてすべて終了。

大学に戻り、無料の巡回タクシーが来るまで、娘とベンチに座る。



何だかしんみりしてしまう。

一生懸命にがんばってる姿を見てホッとしたのは事実だが、やはり会えば会ったで不安の種は尽きない。

帰りのタクシーに乗り込む時、娘にホロホロ泣かれてしまった。



タクシーの姿が見えなくなるまで、見送る。

いろいろなことを祈った。



さて。

明日はオレも帰るから、少しは荷物をまとめないと。



で、また迷った(爆)

どうやら正反対の方に来てしまったようで(笑)、トボトボと引き返す。



これで、無事に帰れるんだろうか…

(笑)
| ZureZure日記 | 16:10 | comments(2) | - |
ホロホロされちゃうとは、やっぱ海外で一人の生活は相当張り詰めた精神状態なのかもですね。
当然こたさんも鼻の奥がツーンとしたでしょうネ。

次回こたさんと別れる時には、僕もホロホロしてみようと思います。
| ともちん | 2016/02/28 8:15 PM |

●ともさん

 出発の時、成田まで見送りに行ったんですが、その時はワタシが不覚にもホロホロきちゃいました(笑)

>次回こたさんと別れる時には、僕もホロホロしてみようと思います。
 アタシャ、ともさんと別れる時には、オロオロしてみようと思ってます。
 (爆)
| こた | 2016/02/29 11:54 AM |










     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ Share the Road
シェア・ザ・ロード[share the road]


+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす