ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
娘に会いにアメリカに(2)
第 1 日め: 2 月 19 日(金)



さて(笑)

まだまだ先だと思っていたら、いつの間にか今日(笑)



出発の飛行機は全日空 106 便。

で、コレがややっこしいコトに、深夜の 0 時 5 分に出発するのである。



なので、カレンダー上は 2 月 20 日の土曜日なのだが、感覚的には 2 月 19 日金曜日の夜出発。

というコトで、金曜日は会社に行って、その足で空港に向かうコトにした。

出発の空港は羽田だし、会社からも近いからネ。



もう金曜日は 「仕事なんかやってられるか感」 満載(笑)

だけど、けっこう忙しかったの  orz





喧騒の蒲田駅前。

ココから羽田行きのバスに乗る。





羽田空港国際線ターミナル。

こんな時間でもヒトがいっぱい。





荷物預ける前にひとっ風呂浴びようか…

これから 10 時間ぐらい飛行機乗るしナァ







ビジネスホテルの浴室だけ繰り抜いたようなシャワールームだった(笑)

が、せっかくシャワー浴びてさっぱりしたモノの、荷物を入れ替えたりしてたら、早くも汗だく(笑)

_ノ乙(、ン、)_





チェックイン完了。

「本日は満席でして、お客様はビジネスクラスというコトに…」

を期待したが(笑)、さすがに値段を言うのも憚れるほどの業界チケットでは、やっぱりというか、当たり前というか、エコノミークラス(笑)

もう乗せていただけるダケでもありがたい。





ジャポネスク羽田(笑)





乗る前はやっぱりコレだよナァ(笑)





乗ってからも、当然コレです(爆)



長距離路線では、席はやっぱり通路際がいい。

事前のオンラインチェックインで、席の事前指定ができるので、さっそく通路際を指定したのだが、なぜか WEB 上ではエラー表示。



全日空に問い合わせてみたが 「サーバーのエラーのようですので、明日もう一度お試しください」 と。

明日もう一度お試ししてみたところ、やはりエラーが出るので、再び全日空に TEL

全日空のオペレーターも首をかしげていたが、調査してからお電話します、とのコト。



電話が来た。

「原因がわかりました」

「実はサカキバラ様は、今回、非常にお求めやすい価格でのチケットでして…」



そうです。

ヒトにも言えないほど安い 「業界チケット」 ですから。



「ですので、事前のお座席指定ですとか、そういった通常のサービスからは、すべて対象外になっておりまして…」



(爆)



いや、コレは仕方ない。

乗せていただけるダケでもありがたいんだから。



しょーがないから、なるべく早く空港に行って、通路際の席を抑えましょう。

でも全席埋まってるんだろうナァ…

(溜息)



が、全日空のオペレーター曰く:

「ただ、こちらでも検討致しまして…」

「今回は特例というコトで、通路際のお席をご用意させていただきました」



おおっ♪



もう、電話機にペコペコ頭下げちゃいましたヨ(笑)

ありがとうございます!

全日空の○藤さん!



そんなんで、往復ともに通路際の席を確保。

エコノミーの狭いシートで、センター席、つまり両側にヒトがいたら息が詰まっちゃうしネ。



しかも、ありがたいコトに、オレの隣は空席だった(笑)

搭乗率は 70%ぐらいだったかネ…

隣の席にバッグ置いて、もう縦横無尽に席を使いましたヨ。

エコノミーだけど(笑)





上述のように、この飛行機の出発は深夜 0 時過ぎ。

なので、機内食も、こんな感じの軽めのモノ。



ビール呑んで熟睡して、機内の映画見たり、タブレットいじったりしてるウチに、いつしか飛行機はロスアンゼルス上空。

日本とアメリカには当然時差があるのだが、西から東に飛ぶので、時間的には戻ってしまう。



しかも今回はカレンダー上は 2 月 20 日とは言え、実質的には 2 月 19 日の夜なので、ロスアンゼルス到着は現地時間 2 月 19 日の午後 5 時。

つまり 2 月 19 日を 2 回過ごすワケです(笑)

ただでさえ時差ボケがあるのに、そんなんで時間感覚がワヤクチャ(笑)





ロスアンゼルス到着。

今回はロスアンゼルス乗り継ぎで、サクラメントまで行く。



こういう場合、最初に入る街で入国手続きと通関をするのがルール。

荷物は羽田でサクラメントまでのスルーになるのだが、このルール適用のため、ロスアンゼルスで入国、通関をしてから、改めてサクラメント行き飛行機のチェックインを行う。

入国審査→通関と進んだところで 「Connecting」 の表示発見。



が、コネクトするのはオレひとりだけみたいで、誰もいない通路を不安にかられながら進む。

スーツケースを Connecting のターンテーブルに乗せ、手ぶらになったところで、乗り継ぎの飛行機であるデルタ航空のターミナルに移動する。



デルタのターミナルって、ドコ…?

(笑)



ロスアンゼルスの場合、国際線は Tom Bradley International Terminal であり、デルタ航空は Terminal 5

ちなみに Tom Bradley とは、ロスアンゼルスで初めての黒人市長であり、何と 20 年の長きに渡り、ロスアンゼルスの市政を司ったヒト。



パッと見た時は 「Tom Brady」 かと思った。

Tom Brady は、アメリカンフットボールのニューイングランド・ペイトリオッツのスーパー QB

「ロスアンゼルスで Tom Brady はマズいだろう…」 と思ったが、ただの見間違えだった(笑)



テクテク歩いて、デルタ航空の Terminal 5 へ。

自動チェックイン機があったので、コレでやってみようと、パスポートを読み取らせる。

順調に進み、最後に 「託送荷物」 の項目に。



「託送荷物はあるか?」 との問いかけに対し、スーツケースが 1 個あるので 「はい」 を。

すると 「託送荷物の重さを入力せよ」 と。



いや…

託送のスーツケースは、さっき Connecting のところで、ターンテーブルに乗っかって行っちゃったんで、オレの手元にはないんですヨ。

なので、重さと言われてもわからんのですが…



しょーがないので、また最初から入力しなおし。

が、この託送荷物の項目で 「NO」 と答えたとして、それでチェックインが終わっちゃった場合、オレにはスーツケースがない、というコトになるので、あの Connecting で行ってしまった荷物はどうなるのだろう…

むーん…



チェックインができません(笑)

頭のまわりに極彩色のクエスチョンマークを大量に飛ばしていたら、めっちゃにこやかにデルタの職員が

「Hi !  May I help you ?」

と。



Help してほしいのは、山々なんだが

「羽田で荷物はサクラメントまでのスルーなんですヨ、なのでさっき Connecting に乗っけたんですケド、ここで自動チェックインしようとしたら、託送荷物の重さを入力しろって出て、そういうワケで荷物はワタシの手元にはないんですが、でも実際荷物はあるワケで、その荷物がドコに行ったかというと、さっき Connecting に…」

などと、英語で言えるハズもなく(笑)



結局、荷物なしで自動チェックインしてしまった。

(笑)



「Have a nice trip !」

とかって、めっちゃにこやかに言われて、しょーがないので、オレもめっちゃにこやかに受けたモノの、大丈夫かしら…(笑)





やっと手に入れたボーディングパス。

デルタ航空 5753 便であります。





たそがれのロスアンゼルス国際空港。

ちなみに気温は 26 ℃(笑)



外にいても暑いダケなので、まだまだ時間はあるモノの、とにかくゲートに向かう。



こんなお店がありました(笑)





デルタ 5753 便の出発は 17:05 で、サクラメント到着は 22:37

ちょっと腹ごしらえしておこうかと、こんなモノを買ったのだが、これで 13 ドルぐらい。

つまり日本円で 1,500 円ほど(爆)



高いナァ…

上の子にも度々カネの無心をされているが、それもうなずけるぐらい物価は高い。

まぁこのサンドイッチも、日本のコンビニのそれのような、貧弱なモノじゃないんだけどネ。



飛行機は定刻に出発。

オレの隣の席は、黒人のデッカイおじさんで、さかんにスマホを見ては 「ワ〜オ!」 と声をあげ、その都度オレに解説してくれるのだが、何言ってんだかさっぱりわからん(笑)



サクラメント到着。

サクラメント空港で待ち合わせている娘から、さっそく LINE が入る。



半年ぶりに娘と再会。

いや〜 久しぶり!

元気だった!?



「パパ、老けたネ!」

娘の第一声(爆)





サクラメント空港の荷物受け取り場所。

おもしろい(笑)



いや、おもしろいはいいんだけど、オレの荷物はちゃんと来てるだろうか…

来てた(笑)





夜のサクラメント空港。

こんな写真を撮っていたら、娘がいない。

アレ…?





何やら電話をしておる(笑)

ホテルまでのタクシーを呼んでいたそうで 「ウーバー」 というタクシーシステムを利用している、と。



この 矢印 UBER というシステム。

今回、初めて知ったのだが、実によくできている。



アプリをダウンロードして、会員登録してから、タクシーを呼ぶ。

自分とドライバーの GPS 情報から検索するので、タクシーを乗る場所を伝える必要もない、と。

アプリ上からは、これから来るドライバーの名前と星の数での評価、そして車種が表示される。



また便利なところが、タクシー料金とチップは、登録したカードから落ちるので、キャッシュで払う必要がない、というトコ。

いや〜 これは便利だワ。



というワケで UBER さんのタクシーで、サクラメントのホテルへ。

サクラメントでのホテルは 矢印 Four Points by Sheraton Sacramento International Airport    





まぁきれいなロビーだこと(笑)





今日は娘と同室。

事前に 「パパと同室でもいい…?」 と聞いたら 「いいヨ」 と(笑)





再会を祝してビールで乾杯。

自撮ってみた(笑)

別にオレはモザイクする必要もないのだが(爆)



いろいろな話をした。

暮らしぶりや学校のこと、勉強のこと。



だが、オレが時差ボケで早くもダウン寸前(笑)

明日の朝も早いので、まぁこれから実際の場所に行くんだし、本日のところはコレにて終了。

おやすみなさい。
| ZureZure日記 | 19:52 | comments(8) | - |
荷物はどうするのが正解だったんですかね?

>別にオレはモザイクする必要もないのだが(爆)

逆!逆!
お嬢様にモザイクいらないんです!
| hisa | 2016/02/25 11:34 PM |

hisaさんの言う通りでーす! (^o^)
| ねおぷり | 2016/02/26 8:03 AM |

●hisaちゃん

 「結果オーライ」という、ワタシの人生訓からしてみれば、来れば正解だと(笑)

>お嬢様にモザイクいらないんです!
 事務所の了承が得られなかったんです(笑)
| こた | 2016/02/26 10:08 AM |

●ねおさん

 事務所が固くてネェ…
 (笑)
| こた | 2016/02/26 10:09 AM |

お嬢様、たくましくなってるんだろうね。
ニッポンにいる時よりも。
こたさんがお客さんみたい。
| ともちん | 2016/02/26 9:36 PM |

こんばんは。
海外旅行は一度しかしたことがない私としては、こたさんの記事は『へー!』とか『ほー!』とかで参考になります。
いえ、旅行の予定は無いのですが、こういうとこって一般常識だとすると、私ってかなりの無知なんだなあと(;´_ゝ`)

娘さん、留学なんてスゴいなー。
外国で暮らすことだけでも大変なのに、外国語で勉強もするなんて。
久しぶりにあった娘さんは、きっと成長著しかったでしょうね。
| あおこ | 2016/02/27 12:02 AM |

●ともさん

 親バカですが、確かに日本にいるときよりは、ちょっとは成長した感じでした。
 こうやって、オレたちはトシ取って行くんですナ(笑)

>こたさんがお客さんみたい。
 おかげさまで、娘といる間は楽な旅行でした(笑)
| こた | 2016/02/27 11:13 AM |

●あおこちゃん

 こんにちは^^

 ドタバタの連続ですので、何の参考にもならないと思いますが、まぁおヒマつぶしになれば幸いです(笑)
 一般常識と言うか、オレ自身もアメリカは15年ぶりだったので、あっちこちキョロキョロしちゃいましたヨ(笑)

 ちょっとは英語もできるようになったみたいで(笑)
 と言うか、全然進歩がないと、それはそれで困るんです(笑)
| こた | 2016/02/27 11:15 AM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ Share the Road
シェア・ザ・ロード[share the road]


+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす