ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
Google 中国撤退
「世界中の情報を整理する」 と豪語する Google が中国から撤退するとか、しないとか。

まぁいろいろと理由があるようだが、中国外交部(日本で言う外務省)の報道官がこんな発言をした。



中国のインターネットはオープンで、中国政府はインターネットの発展や、インターネットの健全な発展のために良好な環境作りを奨励している。


いや、全然オープンじゃないし(笑)

2 年前だっけな…

中国に 1 ヶ月ぐらい置きっぱなしにされた時(笑)、けっこうなサイトが弾かれてた。

いわゆるアダルトサイトはもちろんだが ヾ(^^;仕事デ行ッテ、ソンナトコ見ルンジャナイ 「なんでここが…」 と首をかしげるようなサイトもアクセスできなかったヨ。

それから問題なのは 【インターネットの健全な発展のために良好な環境作り】 のくだり。

何を以て 「健全な発展」 とするのかの線引きはともかく 「良好な環境作り」 とは 「中国政府が許可したサイト以外は見られないゼ」 とイコールなのだろう。



そもそもインターネットとは玉石混淆の世界であったはず。

この情報過剰の時代で、何が自分にとって有益な情報なのかは、自分自身の判断ですべきであり、それ故に 「自己責任」 がネットの匿名性などと相まって、ますます重要なファクターとなってくる。

しかしお上の判断で優劣が決められては、結局はお上に都合のイイ情報しか見られず、それはとりもなおさず 「言論統制」 に直結する。



中国の法律はいかなる形のハッカー攻撃も禁止しており、他の国と同様に法律に基づいてインターネットを管理し、関連の管理措置は世界で通用しているやり方と一致する。


ハッカーはダメっす(笑)

それから児童ポルノとか、そんなんも絶対ダメ。

「出会い系」 は自己責任だからマル(笑)

しかし、こういう情報操作は 「関連の管理措置は世界で通用しているやり方と一致」 しているのか…?

いや、一致している国もあるかも。

2006 年に 「ジャーナリスト保護委員会」 が作った 「検閲国家ワースト 10」 で堂々 1 位となった北朝鮮とか(笑)



中国は世界のインターネット企業が中国で法律に基づいて業務を展開することを歓迎する。


「法律に基づいて」 ってとこがミソかと(笑)

もちろん、行った国の法律を遵守するのは当然だが、あまりにも自国にとって都合の良い法律ってたくさんあるような。



そのもっとも顕著な例が 「IT セキュリティー製品の強制認証制度」 だろう。

中国政府が外国企業に対し、デジタル家電などの中核となる製品情報を中国当局に開示するよう命じる新制度を 2009 年 5 月から導入する方針であることが 18 日わかった。

(中略)

中国は、新制度を「 IT セキュリティー製品の強制認証制度」と呼んでいる。

具体的には、対象となる製品について、デジタル家電などを制御するソフトウエアの設計図である「ソースコード」の開示を外国企業に強制する。

対象製品は、開示されたソースコードに基づく試験と認証機関による検査に合格しないと中国で製品を販売出来ないという、国際的に例のない制度だ。

(出典:  YOMIURI ONLINE 2008/9/22)




(爆)



中国側の言い分として 「ソフトの欠陥を狙ったコンピューターウイルスや、コンピューターへの不正侵入を防ぐため」 と言っているが、要は



企業秘密だろうが

特許だろうが

お前んトコの技術を全ぇ〜ん部、中国に見せなさい




ってコトでしょ(笑)



当然にして

開示内容が中国政府を通じて中国企業に漏れる恐れはぬぐえない。

そのうえ、日本製デジタル機器の暗号情報も見破られやすくなり、中国の諜報活動などに利用される懸念も指摘されている。


って、なるわな(爆)



さすがに日本や欧米各国から猛反発を喰らって延期したらしいが、こういうところが 「中華ってのは、世界の真ん中! って意味なんだヨ!」 と公言して憚らない中国のバカさ加減である。



他に類を見ない何千年という歴史を持ち、世界でも有数の文化と文明を誇った堂々たる中国人はドコ行っちゃったんだろうネ(笑)
| 中国 | 16:46 | comments(4) | - |
こたさん、こんばんは!

グーグルの中国撤退!?の報は、大きく報じられていましたね。どこの国にもそれぞれにお国の事情があるのは致し方ないとこですが、それにしても自国に有利な条件を付け過ぎの感は否めませんね。(汗)

ポーランドに端を発する旧ソビエト連邦の崩壊にしても、短波放送や衛星放送で得た西側諸国の情報が非常に大きな意味合いを持っていたと思います。

事実旧ソビエト連邦では、西側諸国の短波放送を妨害する電波を出していましたし、中国にしてもアマチュア無線が解禁されるまでは、他国のアマチュア無線通信が聞けないように妨害電波を出していましたしね。

ま、妨害電波に関しては、両国共に出していないというのが公式見解ですけどね。(苦笑)

中国も無制限に情報が流入すると体制崩壊につながり兼ねないとの危惧があるのでしょうね・・・。




| 片山R | 2010/01/15 7:58 PM |

こたさん、こんばんは♪

このgoogleのお話、顔がほころびました(笑)

身近な所での話では、、、
私はかつてメーカーで欧州営業をしていたのですが、
彼等のコピー製品がヨーロッパにも随分流通してて参りました。

ネーミングの常套手段、SOMYとかS◯NY同様、
ウチのコピー製品も必殺アルファベット1文字変えっ!
ツバメのマークはカモメになっとりました(爆)

無論品質では負けない訳なんで、
「ほほお〜、遂にウチもコピーされるようになったかあ、えへっ」
なんて笑っていられたのも、今は昔。

段々そのコピーを使う客が出て来たんで、
「あんた何使ってんのよ?」と聞くと、
「だって安いんだもん。ノーワランティでも2回までなら
買い換えてもこっちの方が安いし。でも最近は壊れねえよ。」
(劇的に品質が上がっとる。。。)

そんな傾向が出始めた頃から、名刺と警告文持って、
アポなしで販売業者に乗り込んで、入手ルート聞いたりして、
風俗摘発みたいなことをやるハメに(泣)

そんなコピー上手なとこに技術的な手の内を見せる
ようなことしたら、自分の首を絞めてエライことなります。
先日は国内で判別困難な紙幣も出回ってましたし(笑)
もう何がなんだか・・・。

それでもあれだけの人口を抱える国ですから、
どの業界も美味しい市場と認識して進出するんでしょうね。
個人的にはあんまりちやほやしない方がいいと思うんですがね。

そこで、このgoogleさん、カッチョいいです。
「あ、検閲なんかするならもう見せねーよ、ばーか」
これくらいのポリシー、製造業にも欲しいもんです。
| こぼたん | 2010/01/17 12:21 AM |

●片山Rさん

>こたさん、こんばんは!
 こんにちはぁ♪

>グーグルの中国撤退!?の報は、大きく報じられていましたね。
 そうですネ。
 ネットのニュースでも、けっこうな頻度でニュースが出てました。

>どこの国にもそれぞれにお国の事情があるのは致し方ないとこですが、
>それにしても自国に有利な条件を付け過ぎの感は否めませんね。(汗)
 基本的に自国に有利にするのは当然ですけど、しかしいくらなんでも… ですよネ(笑)
 そういうのを平然とやるところが、あの国の恐ろしさというか、バカさ加減というか(笑)

>ポーランドに端を発する旧ソビエト連邦の崩壊にしても、
>短波放送や衛星放送で得た西側諸国の情報が非常に
>大きな意味合いを持っていたと思います。
 おっしゃる通りです。
 やはり情報の持つ力の大きさを感じます。
 自分にとって、どのような情報が必要なのかは、国が決めるのではなく、自分自身で決めさせるべきかと。
 あ、そんなことやってれば、とっくにあの国は民主化してるのか…(笑)

>事実旧ソビエト連邦では、西側諸国の短波放送を妨害する電波を出していましたし、
>中国にしてもアマチュア無線が解禁されるまでは、
>他国のアマチュア無線通信が聞けないように妨害電波を出していましたしね。
 「ジャミング」ですネ(懐)
 思いっきり原始的な妨害ですが、意外と効果がありましたよネ。

>ま、妨害電波に関しては、両国共に出していないというのが公式見解ですけどね。(苦笑)
 そうそう(笑)

>中国も無制限に情報が流入すると体制崩壊につながり兼ねないとの危惧があるのでしょうね・・・。
 そうなんでしょうネ。
 なんせ漢民族の他に50以上もの少数民族を抱える国ですから、中国共産党という強烈なタガが必要なのはわかります。
 しかしすでに共産党は腐敗の臭いがプンプンしてますからネ。
 健全な政党政治に移行するのはいつのことやら…
| こた | 2010/01/17 3:35 PM |

●こぼたんさん

>こたさん、こんばんは♪
 こんにちはぁ♪

>このgoogleのお話、顔がほころびました(笑)
 ほころびました…?(笑)

>身近な所での話では、、、
>私はかつてメーカーで欧州営業をしていたのですが、
>彼等のコピー製品がヨーロッパにも随分流通してて参りました。
 あ、そうだったんですか。
 ご苦労もたくさんされたでしょうネェ…(涙)
 ウチの会社も某メーカー系なのですが、親会社の製品もエラくコピーされてますネ。

>ネーミングの常套手段、SOMYとかS◯NY同様、
>ウチのコピー製品も必殺アルファベット1文字変えっ!
 そうそう(爆)
 でもワタシが子供のころにも、そんなのがありました。
 adidasが「ddidas」とか、Pumaが「Poma」とか(笑)

>ツバメのマークはカモメになっとりました(爆)
 (爆)
 昔、中国に「エイトスター」ってタバコがあったんですヨ。
 ちゃぁ〜んと金の星で8の字になってました(笑)

>無論品質では負けない訳なんで、
>「ほほお〜、遂にウチもコピーされるようになったかあ、えへっ」
>なんて笑っていられたのも、今は昔。
 確かに人気があるからこそコピーされるんですよネ。
 でも肝心の品質は当然ですが、お寒い限りですよネ。

>「だって安いんだもん。ノーワランティでも2回までなら
>買い換えてもこっちの方が安いし。でも最近は壊れねえよ。」
 そういうユーザ側の心理はあるでしょうネ。
 でもニセモノ使うってのは、何というか非常にかっちょ悪いと思うんですけどネ。みじめったらしい、というか…

>(劇的に品質が上がっとる。。。)
 (核爆)
 敵もさるもの…

>そんな傾向が出始めた頃から、名刺と警告文持って、
>アポなしで販売業者に乗り込んで、入手ルート聞いたりして、
>風俗摘発みたいなことをやるハメに(泣)
 いや、それは大変でしたネ…(貰泣)
 自社製品と正当な利益を守るためには仕方ないのでしょうが、でも現地の官憲は何やってんダ! って気もします。

>そんなコピー上手なとこに技術的な手の内を見せる
>ようなことしたら、自分の首を絞めてエライことなります。
 そうですよネ。
 そんなの自滅行為以外の何ものでもないですヨ。

>先日は国内で判別困難な紙幣も出回ってましたし(笑)
>もう何がなんだか・・・。
 あ、それは欲しいかも…(自爆)
 でも偽札作りって、けっこう割に合わないらしいですネ。
 100ドル札作るのに120ドルかかったりとか(大笑)

>それでもあれだけの人口を抱える国ですから、
>どの業界も美味しい市場と認識して進出するんでしょうね。
 確かに爆発的な内需の可能性を秘めてますからネ。
 「世界の工場」と言われて久しく、確かにそれは事実なのですが、アタシャここだけの話、世界を滅亡に導くのはあの国か、イス●ム教徒だと思っちょります(笑)

>個人的にはあんまりちやほやしない方がいいと思うんですがね。
 そうそう。
 言うべきことはきちんと言わないと。
 今の「先進国」が先進国になるには、いろいろと悪いこともたくさんしてきましたケド、あの国が言う「お前らだって散々そんなことやってきたくせに、なんでオレたちがやっちゃいけないんダ」という理屈。
 今はそんな時代じゃない、協調の時代なんですよネ。

>そこで、このgoogleさん、カッチョいいです。
>「あ、検閲なんかするならもう見せねーよ、ばーか」
 確かにかっちょいい(笑)
 個人情報ダダ漏れとか、いろいろ言われるグーグルさんですが、気骨がありましたネ。

>これくらいのポリシー、製造業にも欲しいもんです。
 我らの国にも欲しいです(無理)

 (笑)
| こた | 2010/01/17 3:56 PM |










 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ Share the Road
シェア・ザ・ロード[share the road]


+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす