ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
休暇その 2  紹興・普陀山
烏鎮でシノイズムの夜を満喫したオレたちは、翌日紹興へと向かった。



紹興では日本でも人気の高い 「紹興酒」 の故郷であり、また中国の文豪・魯迅生誕の地としても知られている。

まずは紹興の街をひとまわり。





添乗中は当然にして観光バスであるが、自分でまわる時は 「自転車タクシー」 なのであった(笑)



車道だろうが歩道だろうが、縦横無尽に(傍若無人に?・笑)走りまわる自転車タクシーだが…





たまにはこのようにドツボにハマる時もあるのである(笑)



昼メシ。

中国人に人気のあるレストラン、というかただの汚ねぇメシ屋にて(笑)





手前左側の茶色い液体が、かの 「紹興酒」 である。



( ・ω・) 本場ハ丼デ呑ムンダネ



とか思ったが、ただ単にガラスのコップがなかったダケのことらしい(笑)

ちなみにこのテーブルに並んでいるのは、紹興の庶民の食卓です。

かなりクセというか、臭いもきつく、同行していた西安生まれの中国人は 「オレ、これダメ」 と早々に白旗をあげていた(笑)



真っ昼間から紹興酒をかっくらって、佳き気持ちとなった一行の次なる目的地は 「普陀山」

杭州湾の沖合に浮かぶ 「舟山列島」 の中のひとつの島で、観音菩薩を祀る中国でも指折りの霊場である。



紹興からクルマをブッ飛ばし、ようやく着いたのが船が出航する 10 分前(笑)

あたふたと船に乗り込み、普陀山へ。

着いたころにはとっぷり日も暮れていたので、まずはホテルに荷物を下ろし、腹ごしらえのために街へ繰り出す。



と、言いたいところだが、ここ普陀山はえらく小さい島で、メシ屋が数軒並んだ通りが 「島一番の繁華街」 だそうで(笑)

さすがに普陀山まで来ると、料理もかなり田舎イナカしており、お世辞にもウマい! といえるものでもなかった(笑)



食後。

「さぁ〜って… ドコに遊びに行くか…」

( ・ω・) 遊ブトコナンテアルンデスカ…?



観音様の霊場なんでしょ? ココ?

しかし。

ちゃぁ〜んとあるらしい(笑)



メシ喰った店の、いかにも! ってにいちゃんから情報収集。

結局はオレたちが泊まっている、島で一番いいホテルの地下に 「その手の店」 があるらしい(爆)



さっそく行ってみた(笑)



地下にはマッサージの店があり、どうやらココらしい。

同行の中国人が料金と内容を聞いてみたところ…



「手なら 300 元、最後までなら 600 元だヨ」



と、あまりと言えばあまりにミもフタもないお答え(核爆)



300 元なら 5,000 円弱、 600 元なら 10,000 円弱といったところか…



しかし、店にいた子たちはどれもこれも 「塗りたくっている」 という表現がぴったりなぐらいの厚化粧、しかも田舎言葉丸出しで、とてもそんな気になれません。

しかも 「観音様の霊場」 で、こんなコトでもヤッた日にゃぁ畜生道に墜ち、かつまた餓鬼道に蹴り込まれるコト確実なので、這々の体で店を逃げ出した(笑)



翌日。

清浄な気持ちで朝を迎えたオレたち 3 人(笑)

さっそく霊場めぐり開始。





善男善女の祈りや…





延々と山頂まで続く石段をあえぎながら登っていく労働者と、自分の身長の分だけ進み、ひざまづいて祈りを捧げることを繰り返す敬虔な信者。



やはり夕べは思いとどまってよかった



(爆)



そんな中で見つけた逸品。

単調なリズムに乗って仏のありがたさを説く 「仏歌」 というのがあるんだが、このメロディと歌声が、何とも言えず奇妙というか不思議というか…

興味のある方 nextぜひ聞いてみてください(MP3 ・225KB)



観音様のありがたい霊場で、しかも霊験あらたかな仏歌も聴き、心身ともに生まれ変わったオレたち一行は、蓮の花のかたちをした船に乗り、上海へ(笑)

着後、ホテルに直行。

このホテルがまた笑えました。





これが外観。

この何とも言えない照明は何としたコトでしょう(笑)





ロビー。

ハデハデ(笑)





ベッドサイドのスタンドもなまめかしく…





お約束のようにソファーも毒々しい赤であり…





バスタブもムダに巨大(笑)



なんでもこーゆーのが今の中国の流行だそうで、こーゆー部屋に入った中国人は 「おお! こりゃまたきれいな部屋だナァ〜♪」 となるらしい。

まぁ日本人と中国人とどちらの審美眼がどーのこーのというコトではなく、あくまでも日本人の感覚から見た場合なので、中国人から見たら不可思議な日本の習慣というか、感覚は理解できないモノもたくさんあるんでしょう。



なまめかしい部屋にて一晩を過ごした翌日、つまり今日。

午前中は中国側とまじめに打ち合わせ。

午後の飛行機でまた大連に戻るワケだが、上海の街中からリニアモーターカーで空港に行くコトにした。





これは 「龍陽路」 という上海市内の駅。

すんごいキレイ。

ちなみにリニアモーターカーは、中国語では 「磁浮列車」 と言うです。

ナルホド(笑)





同じく龍陽路駅のプラットフォーム。

これまた巨大なチューブ状の建物で、さすが近未来都市・上海(笑)





13:30 に出発した磁浮列車は、みるみるうちにスピードを上げ、出発後わずか 4 分弱で最高速度 430km を記録。



スゲー(誠)



アッ! という間に上海空港到着(笑)



そしてアッ! という間に大連空港到着(泣)



こうしてオレの束の間の休息はアッ! という間に終わりを告げた(泪)

また明日から始まります。

まず都合 4 本めとなるツアーを大連で迎えて一緒に上海に飛んで、そんで 5 本めのツアーを上海で迎えてまた大連に戻ってきて…



(辛笑)
| 中国 | 22:44 | comments(5) | - |
音源きいたけど・・・実にイイねぇ・・・・(誠)
宗教違っても粛々としたヒューマンボイスの深さには・・・
キリシタンもムスリムもブッダも・・・【祈りの音】は一緒かもね・・・
なんか・・・凄いパワーあるねェ・・・【魂】
| AHO@スコッチ中 | 2007/10/25 1:39 AM |

中国人に人気のレストラン…
日本で見る中華料理とは全然違いますが、これこそ本場の味?
紹興酒って茶色いんですね〜。
しかしあの器のデカい事!紹興酒って確か結構度数も高いですよね?


今回もやっぱり連れが…。
| たぁまぁ | 2007/10/25 9:07 AM |

●親分
>音源きいたけど・・・実にイイねぇ・・・・(誠)
 さ、さすが親分…
 オレにはそこまでの感慨がなかったす ヾ(^^;修行不足

>宗教違っても粛々としたヒューマンボイスの深さには・・・
 これを 「粛々」 と捉えられるところがさすが親分かと。

>キリシタンもムスリムもブッダも・・・【祈りの音】は一緒かもね・・・
 それはそうかも知れないです。
 で、けっこうこのCDとかDVDが売れてるんですよネェ。

>なんか・・・凄いパワーあるねェ・・・【魂】
 確かにパワーは感じます。
 でもネ、コレが一日中、頭の中で鳴ってんですヨ… 
 それはそれで、ちょっとツラおかしかった(笑)


●たぁちゃん
>中国人に人気のレストラン…
 魯迅の代表作である 「孔已己」 という小説の舞台となった飲み屋と同じ名前なんだよネ。

>日本で見る中華料理とは全然違いますが、これこそ本場の味?
 確かに本場は本場です。
 だけど同じ中国人でも生まれが違えば食習慣も全然違うんで、かえってオレのようにその辺の細かいトコがわかんないヤツの方が、まだ抵抗なく食えたヨ(笑)

>紹興酒って茶色いんですね〜。
 うるち米が原料で、こいつを醸造するですヨ。

>しかしあの器のデカい事!紹興酒って確か結構度数も高いですよね?
 なのでアルコール度数も日本酒と、あんまり変わらない。
 さすがにこの器一杯を飲んだら、ちょっといい気持ちになったけどネ(笑)

>今回もやっぱり連れが…。
 た、たぁちゃん…
 ヤローですがな、ヤ・ロ・ー・・・

 (寂笑)
| こた@蘇州 | 2007/10/26 12:40 AM |

オリンピックに向けて建設される新しいホテルが
軒並みこんな内装になったら、さぞかし世界中の
人々が「ラブホか!!」とつっこむに違いありません(笑)
| えぃみぃ | 2007/10/26 2:28 AM |

●えみりん
 そん時のボケが今から楽しみです(笑)
| こた@上海 | 2007/10/26 11:40 PM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす