ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
Leslie West
相変わらず、このブログに登場してくるアーティストは歴史の彼方の人たちばっかりなんだが、今回もそうです(笑)



Leslie West

Leslie West と言えば、 Mountain ですヨ。

Mountain と言えば 矢印こっち じゃなくて(笑)、 Mississippi Queen ですヨ(爆)



ヘビーで圧のあるギターを弾く人だけど、例えばトニー・アイオミのゴリゴリと鉄板を削り落とすような 16 連のリフとは対象的に、もっとネバり付くというか、やたらサスティンの効いた強烈なギターです。







そして、その風貌。


(画像ハ拾イモノ)



で、往年のプロレスファンとしては…


(ヤッパリ拾イモノ)



アンドレ・ザ・ジャイアントが登場してくるワケですネ(笑)

最初まじでアンドレがギター弾いてるのかと思ったし(笑)



ちなみに画像ではスタン・ハンセンも映ってます。

スタン・ハンセン大好きです。



話は横道にそれるが、アントニオ猪木全盛だったころ。

最初はやっぱり猪木のファンだったのだが、何かの大きな大会で藤波辰爾が不甲斐ない試合をしたのか、内容はまったく覚えていないが、試合後に藤波をリング中央に正座させて、平手打ち。



これでいっぺんにキラいになった。

全国放送だゾ。

そういうのは楽屋とか、練習場でやれヨ。



もっとも、コレもパフォーマンスのひとつだったのだろうケド、日本人特有の精神論というか根性至上主義というか、プロレスという白黒ハッキリしたスポーツパフォーマンスショーに、ドロドロと汚らしいモノを持ち込まれた気がして、それからはずっとアンチ猪木です。



IWGP だったかナァ…

武道館でやった大会を見に行って、決勝だったかしら…

猪木とハンセンの一騎打ち。



武道館は割れんばかりの猪木コールだが、絶対的マイノリティのオレは猪木コールの合間に 「ハンセン…」 と小声で(笑)



でも、スタン・ハンセンは本当に強かった。

この人とブルーザー・ブロディとのコンビは、今でもプロレス史上最強のタッグだと確信している。



はい、すっかり横道にそれました(笑)



というワケで Leslie West です。

この前、ヒマにまかせてネットをウロウロしていたら、ふとこんな曲が飛び込んできた。







何だかいい感じにレイドオフしてて、いかにもアメリカの気のいいおっさんがホロ酔いでギター弾いてる、みたいな。

「オレも若いころはちょっと弾いててネ。いや〜 ギター持つなんて何十年ぶりだろう」 みたいな(笑)



で、誰だろうと思ったら Leslie West で、非常に驚いた。

Leslie West イコール Mississippi Queen であり、固定観念というか、実はそれしか知らないんです(笑)



で、手当たり次第に曲を探して聞いてみたが、かっこいいですナァ〜





なかでもこの曲。

往年の R&R の名曲 Roll Over Beethoven を Leslie West しか弾けないのであろう、こんなかっちょいいギターで演ってます。



むーん…♪



で、こういう場合のお約束。

Wikipedia 先生に教えてもらう(笑)



1945 年生まれの御年 73 歳。

波乱万丈の人生だと思うが、 2011 年に糖尿病の合併症で片足切断。

それでもその年にニューアルバム 「 Unusual Suspects 」 発表。



すごい。

不屈のロックンローラー。





思わず 「 Unusual Suspects 」 買ってしまった。

ダウンロード販売ですが(笑)



最近はヘビーローテーション(死語?・笑)でこのアルバムですナァ

久しぶりにかっちょいい R&R を聞いて、何だかうれしい今日このごろです。



| Rocks | 09:20 | comments(2) | - |
PRISM / LIVE ALIVE absolutely




PRISM / LIVE ALIVE absolutely

・和田アキラ(G)

・渡辺建(B)

・青山純(D)

・中村哲(K)



1. From the Beginnings

2. Memories of you

3. Memory of the Moment

4. Community Illusion

5. Upside down

6. Space Shuffle



1981 年発表のライブアルバム。

何とか公会堂での演奏を収録。

どこで演ったんだっけ…?(笑)



ドラマーの青山純はすでに鬼籍に入ってしまったので、もはや再現不可能なメンバーでのライブです。

10 代後半のころに友&愛で LP 借りて(笑)、まさにテープが擦り切れるほど聞いた。

音楽評論家ではないし、楽器が演奏できるワケでもないので、的確なコトはわからんが、とにかく重厚な音圧のドラム、ベースに和田アキラのシャープなギターと、プログレチックなキーボードが奏でる、とにかくかっこいい音空間であった。



確かこのころって、メンバー全員 20 代だったと思うのだが、とてもそうは思えない地に足の着いた演奏。

そういう意味では、四人囃子もそうかも。



前々から欲しかったのだが、再発などはなかったらしく、たまに Amazon で出てきても、数万円とかって値がついていて、さすがに買わないし、買えない。

で、すっかり忘れていたのだが、ふとこの前検索してみたら、 1,300 円ぐらいでデジタル・リマスター版を売っていたので(笑)、思わず買ってしまった。



細切れの音源は持っていたのだが、フルアルバムを通しで聞いたのは 30 年ぶりぐらいか(笑)

いろいろと当時のコトが蘇ってきます(笑)



いや、いい買い物した(福)



が、しかし。

矢印こんなん もあったのネ…

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



| Rocks | 10:10 | comments(4) | - |
最近聞いてる曲
SCARLET『REFLECT』





Buffalo'3『Mexicoke blood』





金屬惠比須『光の雪』





何年かぶりに CD 買ったろか! ぐらいの勢いです(笑)
| Rocks | 21:42 | comments(2) | - |
カエルの子…?
今春、高校生となる下の子。

数年前に買ってあげた iPod nano が崩壊寸前だそう(笑)

ヘッドフォンジャックの接触が悪くなったのか、まったく音が出なかったり、あるいはいきない大音量になったりと。

んで、彼女から言われた。



「父さん、最近、スマホで音楽聞いてるんでしょ?」

「うん」

「そんなら、父さんの iPod ちょうだい」



(爆)



ヾ(`д´)ノ彡☆ アゲルカ!



(笑)



が、とりあえず貸してほしい、というので、ヨソ様に聞かれて恥ずかしい曲など一曲もないので(笑)、貸してあげた。

ってか、自分の子なんだから 「ヨソ様」 じゃないし、聞かれて恥ずかしいって、どんな曲だ YO ! とかって思うんだが(笑)



しばらく聞き入っていた下の子。

すると…



「わ、この曲、かっけぇ!」

「これ、すんごいいい!」

「おぉぉ〜っ」



好・感・触・・・ハート

(笑)



そんな彼女の琴線に触れてしまった曲。





Steppenwolf : BORN TO BE WILD

ま、まぁこの辺はもしかしたらドラマとかの挿入歌とか、そんな感じで使われていて、何となく聞いたことがある! 的なイメージなのかも知れないが…





Jimi Hendrix : Johny B.Goode

あ、いや…

曲自体はめっちゃスタンダードだから、いろんな場面場面で聞いたコトがあるのだろうが…





テイク自体は、ジミのものより、このアルバム 「California Jam 2」 収録の Frank Marino & Mahogany Rush の方がかっこいいそうです(爆)





このアルバムは全曲入れてほしい! だそうで(爆)





(核爆)



カエルの子はカエル、と言うべきか。

はたまた 【娘よ、お前もか】 と言うべきか。



でも、かなりうれしかったのも事実。

思わず 「新しい iPod 買ってあげるヨ」 と言いそうになったが、下の子に買ってあげて上の子に買ってあげないワケにもいかないし、となるとふたつでしょ。

そうなると、女房も 「いいナァ…」 となるコトは必定であり(笑)、そんなら iPod 三つも買うんかい! ( `・ω・´)



買えるか!

(貧)



(笑)
| Rocks | 22:20 | comments(6) | - |
巨星 再び墜つ


最高の HR を聞かせてもらいました。

どうぞ安らかに。

R.I.P.
| Rocks | 22:46 | comments(8) | - |
たまに聞くならこんなアルバム












これからもどんどん時代から逆行していきます(笑)
| Rocks | 23:08 | comments(2) | - |
口パク
何の楽器もできないクセに、最初っから最後まで口パクで歌えるLP(笑)











(爆)
| Rocks | 23:45 | comments(6) | - |
逆行だけど現在、そして未来… かな…w
いや、自分で逆行してるって、よくわかってると言うか。

逆行とも言えない次元なんだけどネ(笑)



最近は、こんなんばっかり聞いてます。

かっこいいです。

こんな曲が手軽に入手できて幸せ。





パープル第一期のベーシスト、ニック・シンパー。

彼がパープルをクビになってから 「ざけんなヨ」 とかって作ったバンド(笑)



このアルバムの 「Burning」

当時のコトバで言えば 「サイケデリック」 なのかな…?



でも、個人的にはニック・シンパーのベースってすんごく好きです。

第一期パープルでも 「詩人タリエシンの世界」 とかって、レコードすり切れるまで聞いたし(笑)



この曲でも 「ンパンパ」 って、ベースが快感。

何となく GMP を彷彿とさせるんだけど、あ、時系列がメチャクチャだ(笑)





ニック・シンパーが来るなら、次はこれでしょう(笑)

イアン・ギランの加入で、同じくパープルをクビになってしまったロッド・エバンスが 「ざけんなヨ」 とかって作ったバンド(爆)



ロッド・エバンスにしても、ニック・シンパーにしても、最大公約数として言えるのは 「コク」 かと。

第一期パープルは、このふたりの 「コク」 が、ジョン・ロードの書くスコアとすんごくマッチしてたと思うワケです。

リッチーのギターは、このころはジョンのスコアの上に華咲くふたりの脇役… いや、脇役じゃ全然ないけど、少なくとも同列であったと思いますネ。



「コク」 と言うと、沖縄の某重鎮バンドの Vo なんですが。

いや、大好きなんだけどネ。



でも、彼はジノ・バネリのバックコーラスとかやっていたそうで、そういう 「コク」 はすんごくあるんだろうケド、だけど沖縄某重鎮バンドとは明らかに違うと思うワケで。

沖縄某重鎮バンドを名乗るのであれば、やはり Vo はあの人なんだろうと思う。



今となっては永遠に叶わぬこととなってしまった。

なので、こんな戯言ほざくのも何の意味もないのだが。



オレの沖縄某重鎮バンドは、あの下北沢のライブで終わってしまった。

今、この現在を一生懸命にやっている現メンバーの方々には、申し訳ない限りなのだが、まぁオレごときがどんな戯言言っても痛くもかゆくもないと思うので(笑)

某重鎮バンドのニューアルバムもお義理で買ったものの、 2 〜 3 回聞いて 「もういいです」 みたいな(笑)





いきなりです(笑)



「ヒヤミカチ節」 って、全然知らなかったのだけど ↓





この 矢印上間綾乃さん の映像を見て、一発でシビれました(死語・爆)

綾乃さんの三線もいいんだけど、吉川忠英さんみたいなアコギがいいよネ(笑)

やっぱりギターはフレーズではなく、カッティングなんだと実感できる曲。



で、それはともかく(笑)

登川誠仁さんの 「ヒヤミカチ節」 はかっこいい。

この人自身も波乱万丈の人生だったらしいが、それをこうやって淡々飄々と歌いあげてしまうところが Rock かと。



それは明治のころに仏教の原典を求めて、単身ヒマラヤを越え、当時厳しい鎖国であったチベットに入境した河口慧海師も同様。

その苦闘を自ら記した師の 「チベット旅行記」 も、その飄々とした語り口からか、当時は 「ウソだろう」 と酷評されまともに受け止められず、真の評価を得たのは師の没後。



でも自分が何をやってきたのか、どこまで自分に対して正直に、自分と対峙して自分と妥協せずにやってこられたのかは自分にしかわからないコトで。

そうした自分の人生に対する姿勢こそが Rock なのかも知れないネ。





尊敬してやまない河口慧海師。

オレの初めての子供も、師から一字を勝手にいただいて 「慧」 と名づけました(笑)
| Rocks | 23:15 | comments(0) | - |
追憶
この前、 30 年以上ぶりぐらいに高校の時の友だちと呑んで。

当然、いろんなヤツの話が出るワケだが、一番驚いたのがこれ。





「 THE WILLARD 」 というバンドの 「 RETURN IN TRIUMPH 」 という曲なのだが、リズム隊は知らんが、ボーカルの彼は、友だちとは言えないが名前だけは知ってる、みたいな程度。

しかしここでギターひいてるヤツとは、けっこう仲よかったんだよネ。



高 2 の夏だったかな…

普通の高校生だったら、大学受験の予備校とか夏期講習なんかに行くんだろうケド、こいつとオレは当時あった代ゼミの隣の中国語学校で、中国語講座を受講に(笑)

こいつは当時のオレの中国語の先生だった。



オレたちが通っていた高校は、都内では唯一のキリスト教系男子校というワケわからん学校で(笑)、その割には左に傾いている先生が多く(爆)

ちなみにオレはクリスチャンじゃありません。

第一志望落ちちゃって、スベリ止めだったんですワ、この学校(笑)



在学中、希望者だけの中国ツアーがあり、こいつもオレも参加。

その旅がオレのその後の人生を大きく変えたワケだが、こいつは音楽の道を選んだ。



でも 2 年前に死んでしまった。

享年 46 才。

白血病…?

そんな病気で急死だったらしい。



バカだよナァ… お前。

死んじゃったら何にもなんないじゃん。

こんなにかっこいいギターひいてたのに。



でも、こうやって YouTube にアップしてくれる人がいるんだネ。

それなりにファンの人も多かったようで、お前のギターは今も、決して多くはないだろうケド、ファンの人たちの胸で鳴ってるんだろうナ。

ミュージシャン冥利に尽きる、っつヤツかな。



お疲れ。

安らかな眠りを永遠に。
| Rocks | 23:54 | comments(0) | - |
きみを…
 いや、いいですネェ… これはすごくかっちょいぃ…
 はなちゃんの、作られたイメージとのギャップもあるのだろうし、それこそが売る側の狙い目なのかも知れないが、はなちゃんの音楽に対する姿勢は、それを上回ってしまった、と、そういうコトなのかも。
 これはめっちゃスキです。はなちゃん、すごくかっこいい。

| Rocks | 22:39 | comments(4) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす