ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
日々雑感
珍しく二週続けて自転車に乗ったと思ったら、二週続けて乗れない(笑)

今週もムリですとも。

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



何で週末になると、こうして用事ができるんだろ…

梅雨に入ったとは思えない、いい天気が続いてる、というのに。



今日も女房を仕事場まで送っていき、上の子は仕事、下の子は大学。

誰もいない家で洗濯して、掃除して、クリーニング行って、 ATM でおカネおろしてきたら、郵便局行って、クルマのディーラー行って…

えぇ〜と、それから…



ヾ(`д´)ノ彡☆



でもまぁこんな駄文を書く時間があるんだから、相対的にはそんなに忙しくないのかも。

(笑)



そういうワケで、ここんトコの雑感。



1.moumoon

輪友、というには恐れ多い、ロードバイクの大先輩である 矢印ともさん に教えていただいたバンド。

最初は女の子ボーカルの声質にやや違和感を覚えたが、 2 〜 3 曲で慣れてしまい(笑)、慣れてしまったら、ビートの効いたふわり感が何とも言えず(笑)











またもや CD 買ってしまいそうな勢い(笑)

しかし、齢 54 にもなって、こんな曲を聞いているワケで、我ながらストライクゾーン無限大である(笑)



2.LOST

2004 年にアメリカで放映されたテレビドラマ。

アマゾンプライムで配信されているので、さっそく見てみた。







無人島に墜落した旅客機。

生き残った乗客たちの織りなす人間ドラマ。

と、そんな単純な話ではもちろんなく(笑)



とにかく話がこんがらがるのである。

ストーリーの途中で、乗客たちの過去が解き明かされ、それがまたとても常人たちの暮らしぶりではなく。



島に落ちてからも、不可解な出来事の連続で、いったいどうやってこの落とし前付けてくれるんダ…

まさか X ファイルみたいに 「ここまで引っ張っておいて、この結末かい!」 的な、はたまた 「あぁぁ どうしよう… オレ… めちゃくちゃに書き過ぎた… どうやっても、話がまとまんねぇヨ…」 的な、脚本家の悔恨が聞こえてきそうナ…

エピソード 6 まであって、まだまだ全然見終わらず、たぶん途中であきちゃうんだろうナ(笑)





登場人物のひとり。

「ジン」 役のダニエル・デイ・キム

見るからに韓国人(笑)



ドラマでの役柄も英語が話せない韓国人の役で、奥さんは英語がしゃべれ、まわりの乗客たちともすぐに馴染むが、彼はことばの壁や自らの頑なな性格のため、なかなか溶け込めない。

いつもしかめっ面をしているのだが、時折見せる笑顔がすばらしくよい。

役者ってスゴいナァ と思える瞬間。



そういえば…

北野武監督の 「アウトレイジ」 というやくざ映画に出演した塩見三省さん。





映画ではこんなおっかない顔だが…





普段はこんな感じだそうで(笑)



3.思わず吹き出し

会社からの帰りの地下鉄。

座ってうつらうつらしていたオレの頭に、網棚からカバンが降ってきた。

(笑)



モノ凄くびっくりして、思わず顔をあげたら、そのカバンの持ち主も、めっちゃびっくりしたみたいで、お互いのびっくりした顔が非常におもしろく、



持ち主: (プッ!) すすす、すいません… (うぷっ! くくくっ!)

オレ: (ぷぷっ!) い、いえ… (うくくくっ)



と、至って平和に解決したという(笑)



4.キングダム



上の娘が非常にハマっているマンガ。

若き日の秦の始皇帝と、無名の少年が大将軍にのしあがっていく様を描いた、原泰久さん作の大ヒットマンガである。

彼女は一巻から最新巻まで全部持っていて、それを借りて、長い長い通勤時間にむさぼり読んだ(笑)



北京の大学にいたころは史学部生だったし、今も中国史は大好きなので、ワタシもハマりました(笑)

この作品は 「史記」 をベースにしているが、史記のたった一言の記述を、ここまでドラマチックに仕立てる、やはり作家のイマジネーションや創作力というのはスゴいと思った。



韓非子の法家思想にのめり込んだ、秦王・嬴政は武力での統一の後、法が支配する強大な国家を作り上げた。

しかし、あまりに苛烈な法の執行のため、人民たちは謀反を起こさざるを得ないようになってしまう。



土木工事大好きだった始皇帝は、生前から自分の巨大な墓(始皇帝陵)や超絶大宮殿・阿房宮の建設に、全国から農民を狩り出していた。

秦の法律では、決められた期日までに指定された工事現場に到着しない場合は死刑。

しかし大河の氾濫で、道がなくなり、どうやっても期日までには到着できない集団があった。



このままバカ正直に現場まで行っても、期日遅れの法律違反で死刑。

トンズラこいて逃げ出して匪賊になっても、捕まれば死刑。

どっちにしろ、オレたちゃ殺されるんダ。



だったら一か八か、大博打を打ってみるか。

そうして反乱せざるを得なかった集団のひとつが、中国史上初めての農民反乱とされる 「陳勝・呉広の乱」 である。



これをきっかけに秦帝国は、始皇帝の死から息子の代で滅亡してしまう。

若き名君・嬴政の理想もわずか二代で潰えてしまうのだが、このキングダムはどこまで続くんですかネ。

中国統一を成し遂げたところで終わるのだとしたら、今、 40 何巻だから、 200 巻ぐらいまで続きそうである(笑)



あ、もうこんな時間だ…

そろそろ出かけよう…

え〜っと、まずドコ行くんだっけ…



(笑)
| ZureZure日記 | 10:17 | comments(3) | - |
1000 ルーメン
何となくサンジェルマンの WEB サイトを見ていた。

もっとも今は 「ジェントス」 に社名変更されましたが(笑)



で、ふと目にしたこのライト。





何というソリッドな(笑)

まるで…







(笑)



そう言えば、その名の通り…







こんなんもありました(笑)

ピンクのヤツをビアンキさんに付けてたっけ…



で、このジェントスのライト 「AX-000R」 だが、何と最大 1000 ルーメン(閃)

暗闇で直射されたら、目がツブれるコト必至。

眼底検査の時みたいに(笑)



USB 充電にて持続時間が 3 〜 12 時間とのコトだが、コレって 1000 ルーメンで 3 時間、ってコトなのかナ…

だとしたら、激烈実用的なライトだが…



しかも、カーブで自動的に曲る方向を照らしてくれるとか、自転車が停まったらライトも切れるとか、そんな近未来的志向がたっぷりとつまっており、こういうガジェットに弱いオレの心を袈裟斬り袈裟斬られ(笑)

ま、昔と違って、ライトが必要になる時間まで自転車乗るなんて皆無だし、第一自転車に乗らないし…

(怠)



そんなんで、久しぶりに理屈抜きで物欲が萌えた、っつうコトで、ワールドサイクルさんでは 16,000 円弱でした。

買えません(笑赤貧)



ご興味を覚えた方は 矢印こちら をチェック。

(^^)/
| ZureZure日記 | 18:33 | comments(6) | - |
久しぶり× 2
久しぶり その 1

リドレーさんに乗った(笑)

やー 半年ぶりぐらいかナ…

(爆)



どこに行こうかと思ったが、何と言っても半年ぶりなので、お手軽 60km コースに決定。

関宿城に出て、利根川を下り、利根運河、江戸川という超スタンダードコース。

が、しかし。





いきなり通行止め。

_ノ乙(、ン、)_



そらー 半年ぶりなんだから、 CR の情報なんて知らないしネ。

ちょっと戻って関宿橋から左岸に出てパス。





まったくもって久しぶり。

前からデブだったのが、この半年のサボりで、さらにブクブクのデブに。

なので、人がたくさんいるところは恥ずかしいのだが、ま、知り合いには出っ食わさないだろうし、どうでもいいヤ(笑)





やっぱり自転車がたくさん。

いかにも 4 人で走ってます感が満載だが、全然知らない人たちです(笑)



ココから予定通り、利根川を下る。





相変わらず、何もない利根川(笑)





芽吹大橋。

ココから矢作交差点を右に曲がれば筑波山に行けるが、そうやってせっせと筑波山なんぞに通っていたコロが、遠い昔のように思える。

( ==)遠イ目



で、だんだんツラくなってきました。

やっぱり半年も乗っておらず、はたまた大量に増加した体重を抱えていれば、そらーツラいっす。



「脚が痛いぃ〜」

「首が痛いぃ〜」

「お尻も痛いぃ〜」



「もうヤメたぃ〜」

「どっかで休みたぃ〜」

「リドレーさん、ほっぽり投げたいぃ〜」



と、見事に韻を踏んでみたが、やかましいコトこの上ない、コアのオレ。

_ノ乙(、ン、)_





魂の吶喊を咆哮しつつ、江戸川に出て、シンザカヤさんで大休憩。

もう自宅は目と鼻の先なのに(笑)



そんなワケで、約 60km をヘナヘナと走ってきたが、まぁ脚とかお尻が痛い、ってのもあるのだが、明らかに気持ちがついていかない。

60km でこうなんだから、こらぁ 100km なんて相当ツラいコトになるだろうナ。

完全にリセットされちゃったので、またイチからやり直しだネ。

(溜息)







久しぶり その 2

CD を買った(笑)





買ったのはコレ。

SCARLET という 2014 年に解散してしまった、男女 3 ピースのバンド。



これまでも、いろいろなバンドの曲をちょこちょこと買ってはいたが、すべてがネットからのダウンロード販売。

アルバムも、ネットで落としちゃうコトがほとんどで、物理的に CD を買うなんて、たぶん 10 年ぶりぐらい(笑)



で、この SCARLET というバンドなのだが、 YouTube で偶然に耳にして以来、その不思議な透明感というか、気がついたら頭の中にいる、穏やかな図々しさがとっても佳く(笑)

ただ、あんまり売れなかったバンドのようで、さすがの Amazon さんでもアルバム丸ごとのダウンロード販売はしていなかった。

で、 Amazon マーケットプレイスで、中古品を買ったワケです。



さっそく聞こうと思ったが、 PC で CD を取り込むって、どうやるんだっけ…? 的な(笑)

同じく、 GARMIN さんって、どうやって使うんだっけ…? みたいな(爆)



日暮れて道遠し、とはこのコトか。

(笑)
| ZureZure日記 | 13:26 | comments(4) | - |
湯野上温泉家族旅行
先週、南会津は湯野上温泉に家族旅行に行ってきた。

東武線内の広告で湯野上温泉を見て以来、一度行ってみたいと思っていた。

そのころは自転車にまじめだったコロなので、自転車で行く気だったが、まったく不真面目となった今、もちろん電車で(笑)



上の子の就職も決まり、 4 月から新社会人。

仕事が始まれば、そうそう休みも取れないだろうし、家族で行くなら今かナァ… と。

そんなワケで、 3 月下旬という、新緑でもなければ紅葉でもないという、とっても中途半端なこの時期に(笑)





特急スペーシアで鬼怒川温泉乗り換え、会津鉄道の AIZU マウントエクスプレスで湯野上温泉。

名前はかっちょいいが、要するにただの気動車で、座席も全席自由。

4 人掛けのボックスシートがひとつだけ空いていたのでラッキー♪





湯野上温泉駅着。





多少は雪が残っているだろ、とは思っていたが、こんなに積もってるとは…(絶句)



駅からは大内宿へ。

会津城下から日光市を結ぶふたつめの宿場町であったそうで、何でも重要伝統的建築物群という指定を受けたらしい。





こんな藁葺の民家が並ぶ、情緒あふれるストリート。

この日はいい天気だったが、昨日は吹雪だったらしい(笑)

しっかし風が冷たい。





つららもつらつらと下がっている(笑)





真下にいたら、危険です(笑)



まぁほとんどは食べ物屋とお土産物屋なのだが、お団子からお餅やら、美味しそうなモノがたくさん。













(笑)



宿場町の終点には小高い山、というか丘があったので上がってみたが…





ムリ(笑)





道だけは雪がないが、屋根やら山には雪が積もりっぱなし。



さっきから、色んなモノを食べてる割にはお腹がすいてくる(笑)

風が冷たいし、かなり寒いので、何かあったかいモノでも食べましょう。





というワケで、けんちんそば。

ココは一本の長ネギを箸がわりにそばをすするという 「ねぎそば」 が名物なのだが、長ネギ嫌いなんです、オレ(笑)





石原屋さん。

ごちそうさまでした。



大内宿を堪能したオレたちは、次の目的地である 「塔のへつり」 へ。





風化と侵食を繰り返して、こんな奇景ができあがった。

「へつり」 とは、このあたりの方言だそうで、川に沿った絶壁のコトを言うらしい。



実は 「へつり」 には漢字がある。

それがコレ。




(画像ハ拾イモノ)



改めて漢字って、表意文字なんだと認識させられる(笑)





後ろ姿(笑)





吊橋を渡って、こんな先端まで行ける。

落ちるなヨ(笑)



古びたお土産物屋があったので入ってみる。

温かいミソ汁を振る舞われ、人心地がつく。

自家製ミソだそうで、さっそく買いました(笑)



さぁ、そろそろ今晩の宿に向かいましょう。

宿は 矢印「こぼうしの湯 洗心亭」 さん。

温泉がめっちゃ楽しみ♪



ウチはオレと女房、娘ふたりなので、温泉はオレひとり。

女三人が温泉に漬かったら、さぞ長いだろうナァ…



露天風呂から眺める雪景色は最高。

あぁぁ 気持ちいい…

来てよかった…



ホカホカになったところで部屋に戻るが、待てども待てども女三人は帰って来ない(笑)





すいません、ガマンできませんでした(笑)



やっと女三人が帰ってきたところで夕飯。





大変美味しゅうございました。

ごちそうさまでした。



部屋に戻ってからも、ゆっくり呑むつもりでいたが、ビールと熱燗を二合ほど呑んだところで、もうオレは十分(笑)

親子四人がひとつの部屋で川の字で寝られるなんて、また次があるのかナ…

おやすみなさい。



おはようございます(笑)

が、女三人はどよーんとしている。

寝起きが悪いのかと思ったら、オレのいびきがモノ凄過ぎて、まったく寝られなかった、と。



女房 「廊下に蹴り出してやろうかと思った」

上の子 「隣の部屋の人が怒鳴り込んでこないか、まじで心配だった」

下の子 「ドライヤー口にねじ込みたかった」



<(_ _;>

<(_ _;>

<(_ _;>



気を取り直して、朝風呂(笑)

あぁぁ まったくもって気持ちが良い(幸)





朝ごはんも大変美味しゅうございました。



宿のクルマで湯野上温泉駅まで送ってもらう。

予定では駅のあたりを散策して、お土産でも買いぃの、ゆっくり昼メシでも喰いぃーの、というつもりだったが、駅前には何にもありませんでした(笑)

予約してある電車まで、あとまだ 3 時間ぐらいあるんですが(笑)



家族会議の結果、こんな何にもないところにいてもしょうがないので、早く帰って、ウチでゆっくりしましょう、と。

というワケで、特急券を払い戻し、トコトコと帰るコトにした。

こっち方面からだと、春日部に帰るのもめっちゃ楽だワ。





湯野上温泉駅は、こんな情緒のある駅。





待合室にはいろりがあり…





こんな昭和の薫り。





外には足湯(笑)



というワケで、文字通りトコトコと帰ってきた。

一泊二日の短い時間だったが、やっぱり家族と出かけるのは楽しい。

できれば毎年、一泊でもいいから、どこかに行きたいモンです。



おわり
| ZureZure日記 | 19:06 | comments(6) | - |
ウイングチップ
内勤なので、ずっとボタンダウンにチノパン、冬はセーターみたいな格好で仕事していた。



そのスタイルになって、もうずいぶん経つので、たまぁ〜にスーツ着る、みたいなコトになると大変(笑)

白のシャツなんて 2 枚しか持ってないし、靴も冠婚葬祭用の黒のプレーンのみ。

ネクタイも使用に耐えうるモノが 2 〜 3 本しかない。



そんなんでスーツ着ると、完全なコスプレ状態(笑)



が、しかし。

とある事情から、今年からスーツ着用、どんなにおちゃらけてもブレザーがせぇぜぇ、となってしまった。



こ、これはヤバい。

女房に泣きつき、年末に近所の紳士服量販店に駆け込む。



とりあえず必要なモノ(スーツ本体とか・笑)を買い揃えたワケだが、何だか就活みたいで(笑)、店員さんからも

「何だ、このオヤジ、このトシになって就活か…? あ、それともリストラされて職探しとか… きっとそうだろうナ… トロそうな感じだもんナ…」

とかって思われてんだろうナ…

(笑)



靴も買ってもらおうかと思ったのだが 「いいかげんにしてください」 と女房に怒られてしまったので、冠婚葬祭用の革靴で会社行ったのだが、たまにしか履かないので、脚が痛いの(笑)

で、思い出した。



そう言えば、茶のウイングチップがあったハズだ…

たぶんゲタ箱に放置されたままだろう。

ゴソゴソ…



あった(笑)



そんなんで、これまた久しぶりにウイングチップの靴を履いたのだが、電車に乗って座っていると、どうしても前の人の靴に目がいってしまう。

いわゆる 「革靴」 を履いてる人って、あんまりいないよナ…

パッと見は革靴だけど、底がゴムみたいな、そんなのが多く、履きやすそうで羨ましかった(笑)



若い人は先がとんがった靴履いてる。

オレはダメ。

ただでさえ幅広なのに、巻き爪だから(笑)、あんなん履けないヨ。



ウイングチップ履いてる人って、まったく見かけなかった。

オレがスーツ着てたころは、そこそこいたような気がしているが、今はすたれちゃったのかナ…



それでも、次に買う靴は、やっぱりウイングチップにしようと思った。





茶色のクリーム買ってこなきゃ…

それにしても履きツブしてる感、満載。

(笑)
| ZureZure日記 | 09:38 | comments(4) | - |
悪魔のアプリ
この三連休。



ドコにも行きませんでしたとも。



┐(  ´∀`)┌



ま、土曜日は雨だったケド、日曜、月曜はいい天気だったよネ。

友人諸氏もみんな走ったみたいだし。

オレだけか、走らないのは。



いつものコトだ。



┐(  ´∀`)┌





先週末に、会社のヤツに 「dtv」 というアプリを教えてもらった。

本来は Docomo のアプリなんだろうが、他のキャリアでも使える、と。

ウチはずっと au なんだケド、もちろん au でもオッケー。



とりあえずダウンロードしてみて、どんな作品があるのか、ウロウロしてみたところ…





(笑)



コレ、好きなんだよネェ〜…

かなり前、 CS の無料放送の日で(笑)、シーズン 1 〜 2 の途中まで見たんだけど、もちろん有料には移行しませんとも(貧)

でも、やっぱり続きが気になるワケです。



アメリカにいる上の子もよく見てるそうで(笑)

しかし、セリフは当然にしてすべてネイティブな英語なので、半分ぐらいしかわからない、と。

思わず 「DVD のボックスを買ってあげよう!」 とかって言いそうになったが、危うく思いとどまった(笑)。



しかし、この dtv ではシーズン 1 から最新のシーズン 6 まで、月額 500 円で見られるワケですヨ。

しかも Chrome Cast に対応しているので、ウチのテレビでも見られる。





見てみた(笑)



ウチの貧弱な Wi-Fi 環境でも途切れるコトなく、しかもユーザーインターフェイスが実にわかりやすいので、はい、この 3 日間、ゾンビ漬でした。

(爆)



動画自体はダウンロードもできて、タブレットなどでも見られるのだが、 Chrome Cast で見る場合は、ストリーミングのみ。

ま、そらそーだ(笑)



3 日間ゾンビ漬けになったおかげで、シーズン 1 〜 3 まではコンプリート(笑)

続きは 4 〜 5 本をダウンロードして、タブレットに落とし、長い長い通勤時間中に見よう♪



そう。

そうやって今週中に見終わらないと…



また来週も自転車に乗らない。



┐(  ´∀`)┌
| ZureZure日記 | 11:57 | comments(10) | - |
娘に会いにアメリカに(自転車のこと)
娘のいる 「チコ」 という街だが、 Wikipedia によると 「自転車に優しい都市」 としても有名なようだ。

1997 年、バイシクル・マガジンで国内 1 位の自転車都市にランクされ、毎年 4 月にビュート郡を駆け抜ける 100 マイル (160 km) の自転車レース、ワイルドフラワー・センチュリーも開催している。

著名な自転車道としては、エスプラナーデからチコ空港まで、パーク・アベニューからミッドウェイを通りダーラム方面、リトルチコ・クリークに沿ったブルース道路から州道 99 号線まで、およびビッドウェル公園内の一連の道がある。

(出典: Wikipedia)




というコトで、今回の旅行中、自転車に関連したモノも 2 〜 3 見聞きしたので、ちょっとそんなんを書きます。





校内で見かけたクロスバイク。

シングルギアでブレーキは前だけ。

なぜか塗りつぶされたディープホイールを履いている。





この建物の前に停まっていたバイクなのだが、問題は…





ココですヨ。

わかります…?





(笑)



ホイールをアースロックしたはいいものの、それ以外、全部持ってかれてしまったんだろうか…

(爆)





こういう光景もあちこちで見かけた。

市バスにも、こうした自転車用キャリーが常備されており、自転車でバス停に来ては、バスに 「よっこいしょ」 と自転車を乗せてるヒトもたくさんいた。









シェラネバダブリュワリーでの一コマ。

自転車チームのスポンサーをしていたのかな…

もっとも UCI プロチームとかではなく、地元の、日本でいう実業団チームのようなモノかも知れないが…





Wikipedia にも載っていた 「ワイルド・フラワー・センチュリー」 というのは、コレなんですナァ

路面がラルクアンシエルになっているが、何か意味があるんだろうか…





そこのショップで買ったボトル。

なかなかいい感じです。







チコの街中では、こんなショップも数軒あった。

ちょっと中に入ってみたが、けっこう豊富な品ぞろえ。

コンポーネントは SRAM 一辺倒かと思ったが、 SHIMANO もたくさん並べてあった。





ボトルケージ、また買っちゃった(笑)

だって、エリートも全然入りやがらねぇし

(`血´)





チコの街中で見かけた、バイクラックというか、駐輪場…?

どうやって使うんだろう…





あ、フレームを固定するワケか…

なるほどぉ〜









ビール工場でもらったポスターを、こんな風にマネして貼ってみた(笑)



というワケで、番外編・自転車のことでした(笑)
| ZureZure日記 | 19:51 | comments(6) | - |
娘に会いにアメリカに(6)
第 5 日め: 2 月 23 日(火)



楽しかった旅行も今日が最終日。

11 時 30 分の全日空 005 便で帰ります。



腹減った…

夕べはスパゲティしか喰ってないしナ(笑)





どっから見てもアメリカのモーテル(笑)



例によって 「↑ Restaurant」 という看板に沿ってデニーズへ(笑)

「朝ゴハンはこれがオススメよ!」

と言われたので、それにする。





でかっ!

(笑)





で、でかっ!!

(爆)





げふっ…





朝からだふだふの胃を抱え、シャトルバスで空港へ。





チェックインは早くも長蛇の列だったが、オレは WEB チェックインをしていたので、別カウンターで荷物だけ預けて終了。





まだ誰もいない(笑)





今回、感心したのが、このように至るところに充電用コンセントがあるコト。

空港はもちろん、グレイハウンドの車中にもコンセントが各シートにあり、 USB ケーブルさえ持っていれば、バッテリー切れの心配はない。

この旅行に備え、モバイルバッテリーも買ったのだが、結局 1 回も使わなかった(笑)



全日空機は定刻に出発。

またしても、オレの隣は空席であり(福)、成田までグデグデになって過ごせた(笑)





タブレットに何本か映画を落としておいたので、それを見たり、寝たり、喰ったりで、いつしか成田到着。



税関でちょっと待たされたが、無事通関。





スカイライナーで帰宅。



いい旅行でした。

娘に会えてうれしかったし、拙いながらも一生懸命に努力している様子を垣間見、やっぱり行かせてよかった、と思った。

あとは残りの留学期間を全うしてくれるコトを祈るばかり。



いつものように、いつも以上に(?・笑)冗長な記事におつきあいいただき、ありがとうございました。

アメリカ旅行記、これにて完。

<(_ _)>
| ZureZure日記 | 17:23 | comments(2) | - |
娘に会いにアメリカに(5)
第 4 日め: 2 月 22 日(月)



朝、目が覚めると、予約の依頼をしても何の返事も来なかった、 North Valley Shuttle からの返信が来ていた。



「Hi kotoro,」

(笑)

オレはトトロか…?!



「We are not able to accomodate you on our 12:30pm shuttle today.」

(爆)

よかった、グレイハウンドを取っておいて(安堵)





まずは朝メシ。

この目玉焼きに醤油かけて、ゴハン食べたい(笑)





キャリーを引きながら、ゆっくりと駅までの道を歩く。

娘は今ごろ授業だろう。

健闘を心から祈る。





程なく駅に到着。

みんなで座り込んでバスを待つ(笑)





とうに時間は過ぎてるんだが、来る気配もない(笑)

隣のにいちゃんから 「ネェ、サクラメント行きのバスって、ココから出るんだよネ…」 と聞かれたが、いや、オレに聞かれても…

(笑)





やー やっと来た!





今、メアリーズビルってところにいるんですネ。



さて。

これでサクラメントのバスターミナルまでは行けるワケだが、そこからさらに空港に行かねばならん。



昨日、娘から

「バスターミナルでタクシーを呼んでもらってネ」

「パパ、どうせ英語でどう言うかわからないでしょ」

「コレに書いとくから、この通りに言えばいいからネ」

と言われ、メモをもらっていた(笑)



いや、それぐらいはわかる(爆)



でも、せっかくなので、娘のメモの通りに言ったら 「表にいくらでもタクシーがいるから、そこから乗りなさい」 と。

で、表に出てみたら、いくらでもタクシーがいた(笑)





サクラメント空港到着。





今度は託送荷物は手元にあるので(笑)、すんなりとチェックイン完了。

行きはデルタ航空だったが、帰りはアメリカン航空 5970 便です。





遅い昼メシ。

確かこれで 15 ドルぐらいだったかナ…

というコトは 1,700 円ぐらいか…

高けぇナァ…



飛行機は定刻に離発着して、ロスアンゼルス国際空港着。

今夜のホテルは Travelodge Hotel Los Angeles International Airport



ロスアンゼルスでは、夜に到着して、翌日午前中の飛行機で帰るので、ただ寝るだけ。

なので、空港そばのできるだけ安いホテルにしたかったのだが、どこも高いんだよネェ…



この Travelodge はモーテルに毛が生えたようなところなのだが、それでも 1 泊 16,000 円ほど。

今回のホテルでも最高値。

まわりにはヒルトンやルネッサンスなどがあるが、そのあたりになると 20,000 円を越えます(爆)



娘から Travelodge の無料シャトルバスを教えてもらったので、それに乗ってホテルへ。







あ、やっぱりモーテルだ(笑)





でも、部屋はこんな感じで大変によかった。



それにしても、ロスアンゼルスは暑い…

この時で 27 ℃ぐらいはあったのかナ…

で、部屋のエアコンを全開にしたのだが





カーテンが邪魔して、一向に冷気が部屋に来ません(笑)

カーテン開けると、廊下から部屋が丸見えになってしまい、そこには旅行用使い捨て紙パンツを履いたおっさんがいる(爆)



ま、エアコン付けたまま晩メシ喰いに行くか…

戻るころには、ちょっとは部屋も冷えてるだろ…



「↑ Restaurant 」

という看板に沿って行くと…





デニーズだった(笑)



こういうモーテルでは、こんな風にファミレスが併設されてるケースが多いのだが、それにしてもアメリカ最後の夕食がデニーズかぁ

でっかいステーキでも喰いたいところだが、今からダウンタウンに出るのもめんどくさいし、それに夜は一人歩きはしたくない。

特にロスアンゼルスでは(怖)





まぁビールも飲めるから、いいや、デニーズで。





ウェイトレスのねえちゃんが、ペラペラペラペラしゃべってきて、何言ってるかほとんどわかんなくて、最後に 「で、どれにする!?」 と聞かれて、その迫力に圧倒されて、目についた料理を指差したの。

アメリカ最後の夕飯がスパゲティか…

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



いっこうに冷えてない部屋に戻り(笑)、シャワー浴びて荷物の整理して、すぐ寝た。

おしまい(笑)
| ZureZure日記 | 16:58 | comments(0) | - |
娘に会いにアメリカに(4)
第 3 日め:2 月 21 日(日)



さてチコでの 2 日め。

日曜日であるが、娘は月曜からの授業の準備をせねばならん、と。

クチでは言わんが、土日をオレにつきあってくれてるワケで、授業の用意とか考えたら、かなりの負担になってるんだろうナ…



なので、お昼まで一緒に食べたら、後は別行動、最後に夕飯を一緒に食べよう、というコトにする。

チコのダウンタウンは、昨日ほとんどまわってしまったので(笑)、チコの地ビール企業である 矢印Sierra Nevada Brewing に行ってみよう。



が、その前に。

昨日、予約をしたハズの North Vallay Shuttle から、何の返事もない(笑)

何らかの手段でサクラメントまで行かないと帰れないので(笑)、 NVS がダメならグレイハウンドで予約してもらわないと。



「NVS から何の返事も来ないからさぁ、明日のグレイハウンドを予約してヨ」





だんだん投げやりになってくる娘(笑)

幸い、グレイハウンドからはすぐに返事が来たので、明日はまたグレイハウンドで帰りましょうかネ。



さて、明日の足の心配もなくなったところで、さっそくでかけましょう。

このブリュワリーは、娘は学校の見学ツアーで、一度来たコトがあるという。

その時は試飲なんぞもさせてくれたようだが、まぁ今日はツアーじゃないので、試飲はできないだろうナ。



ちょっと残念(笑)





到着。







へぇ〜…



よくわからんが、このデッカイ鍋(鍋?・笑)でホップとか麦とか煮るんだろうか。

もっと近くで見てみたいが、ツアーでしか下には降りられないようだ。

そんなコトを思っていたら、



「パパ、もっと近くから見てみたいでしょ。下から見られるように、交渉してあげるヨ」

と。



え、見学ツアーじゃないのに、そんなんできるの…?





見られた(笑)

あ、モザイク忘れたケド、オレだからいいヤ(笑)



ずいぶん積極的になったナァ…

自分からこういうコト、言い出すなんてネ。

ちょっとうれしかった(笑)



ついでなので、アレコレ質問してみた。

もちろん、オレは英語はできないので(笑)、娘に通訳させて。





ホントは質問なんて、どうでもよかったんだヨ。

ただ、娘がしゃべるのを見たかったダケ(笑)









この後、併設のショップでおみやげ買ったりして、実に楽しかった♪

試飲できなかったのは、残念至極であるが(笑)



さて、時間も昼どき。

学生食堂で食べてみたかったので、学校に戻る。





学生食堂らしい雰囲気ですナ。





お昼なので、こんな感じらしいが、夕飯であれば、もうちょっといろいろなメニューが出てくるらしい。

ただ、どうしても飽きてしまうので、夕飯は近所のスーパーで材料を仕入れ、自分で作っている、と。



「英語は全然だけど、お料理だけは、ちょっとはできるようになったヨ」

(笑)





立体ベルトコンベア式下膳コーナー(笑)



さて、夕飯までいったんココで別れましょう。

オレは明日の朝、帰るので、少なくてもグレイハウンドが出るチコ駅までの道を、ひとりで歩けるようにしとかないといけないし、ま、適当にブラブラしよう。





ホントに何もない(笑)

空だけはキレイ。



娘に教えられた方向に歩いていくと、すぐに踏切に行き当たった。

というコトは、線路沿いに行けば駅に着くワケで、









着いた(笑)

目的達成(笑)

さて、どうしよう…(爆)



この辺りはまったくの住宅街で、特に何がある、ってワケでもない。

またダウンタウンに向かおうか…

方角はわかったから、適当に住宅街を抜けて帰ろうかナ…





こぶしの花が満開。

桜の花も咲いていた。

まだ 2 月なのに(笑)





途中、あちこちに、こうしたギリシャ文字? をでっかく書いた家があった。

なんでしょうネ、コレ…

で、検索してみたところ…



「グリーク・システム(Greek System)」と言い、これに参加を許可された人たちだけが、同じ建物に住んで、大学在学中は共同生活を行います。(ま、「寮」みたいなものです。)

(出典: YAHOO 知恵袋




へぇ〜…





昨日、食べたハンバーガー屋さん。

いかにも! って作りです(笑)





ちょっと楽しみにしていたチコ博物館。

チコは 1800 年台に、駅馬車隊によって開かれた街だそうで、いわゆる西部開拓史などが見られると思っていたのだが…





!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i





中心部にあるチコシティプラザ。

と言っても、何がある、というワケではなく、ただのロータリーというか公園というか(笑)







いかにも由緒有りげな建物が並んでいるが…(笑)





どうしろって、言うんだヨ(笑)

ボォーっと座っていたら、向かいにいた半裸でタトゥばりばりのおじさんが、オレを指差して 「何とかかんとか! 何とかかんとか!」 とかって、スゴい叫ぶんですヨ(笑怖)

「エ! オレ!…?!」

みたいに、思わず後ろを振り返ったが、誰もいなくて(笑)



やっぱりオレのコトを指してるみたいで、何だか近寄ってきそうな雰囲気だったので、逃げた(笑)





画像ではよくわからんが、この奥にタトゥオヤジが座ってんだよネ。

何だったんだろう…(笑)



さて、そろそろホテルに戻るか…

ホテルに戻って Wi-Fi がつながるところにいないと、娘からの連絡も入らないしネ。



ホテルで娘と待ち合わせ。

どうしてもごはん類が食べたい、というコトで、昨日クローズしていたタイ料理のお店に行くコトにした。

が、なぜか今日も閉まっていた(笑)



あ、そう言えば、街をブラブラした時に 「TERIYAKI」 って看板を見たような気がする。

そこに行って見ようか…



閉まっていた。

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i

(笑)



むーん…

どうしよう…(笑)



が、この近くに娘が友だちから美味しかった、と聞いた地中海料理のお店がある、と。

んじゃ、そこに行きましょう。





シェラネバダブリュワリーのビールがあった。

やっと飲める(笑)





ビーフの何とかという料理(笑)

見た目は安っぽいが、かなり美味しかった!

ちなみに店主はめっちゃ陽気なイラン人(笑)



チコでの予定は、コレにてすべて終了。

大学に戻り、無料の巡回タクシーが来るまで、娘とベンチに座る。



何だかしんみりしてしまう。

一生懸命にがんばってる姿を見てホッとしたのは事実だが、やはり会えば会ったで不安の種は尽きない。

帰りのタクシーに乗り込む時、娘にホロホロ泣かれてしまった。



タクシーの姿が見えなくなるまで、見送る。

いろいろなことを祈った。



さて。

明日はオレも帰るから、少しは荷物をまとめないと。



で、また迷った(爆)

どうやら正反対の方に来てしまったようで(笑)、トボトボと引き返す。



これで、無事に帰れるんだろうか…

(笑)
| ZureZure日記 | 16:10 | comments(2) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ Share the Road
シェア・ザ・ロード[share the road]


+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす