ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
シルクロードの歴史・考古・美術
この前、新聞を読んでいたら、立正大学が 2014 年からウズベキスタン政府と行っているシルクロードの仏跡調査が一応の収束を見た、それを記念して講演会を実施する、との記事を見た。

予約不要、参加無料とのことだったので、さっそく行ってみた。



ウズベキスタンといえば、旧ソ連を構成していた中央アジアの国のひとつで、首都のタシュケントをはじめ、サマルカンドやフェルガーナ、ブハラといった、かつてのシルクロードの要衝を擁する国。

またカラテペやテルメズなど、数々の遺跡があることでも有名である。



講演会は午後 1 時半からなので、ちょっと早めに行って、最寄り駅である大崎でラーメンでも食べようかと思っていた。

大崎着。

まずは大学の場所を確認しておくことが先決なので、テレテレと歩き出したが、迷った(笑)



道行く人に、立正大学までの道のりを訊いてみたところ 「え! 立正大学ですか! 遠いですヨ!」 と(笑)

オレは、そんなに迷ってしまったのか…

_ノ乙(、ン、)_



ほどなく到着したのだが、今から駅まで戻ってラーメン屋に行く時間もないし、第一、ラーメン屋なんて一軒も見なかったヨ。

大学入り口に立っていた警備員に、この辺で食事ができるところがないか、訊いてみた。

シルクロードの講演を聞きに来た、といったところ、それなら学内の学生食堂でどうぞ、と。





「今日のラーメン」 エビのあんかけ塩ラーメン。

400 円也。



何の縁もゆかりもない、立正大学の学生食堂で、大学生たちに混ざってラーメンか…(笑)

ごちそうさまでした。





会場は学内の石橋湛山記念講堂。

600 人ほどが収納できるそうだが、ほぼ満員となった。



講演はウズベキスタンの研究者がメインとなってのもので、ロシア語からの通訳付き。

ということは、実質の講演時間は予定の約半分か…

眠くなってきちゃった(笑)





実際の講演内容は、この予稿集に収録されていた。

もちろん、 100 %このままではないのだが、まぁこれを読めばいいのか…

と、半分ほど聞いたところで退場(笑)



何か展示物でもないかと思っていたが、そういったモノもなく、何だか消化不良。

帰りの電車の中で予稿集を読んでいたが、やっぱり眠ってしまった(笑)

ま、オレ程度だったら、しょせんこんなモンでしょう(笑)
| ZureZure日記 | 14:02 | comments(8) | - |
寺カフェ 中華そば 水加美に行ってきた
女房が教えてくれたラーメン屋。

彼女がテレビを見ていたら、美味しいラーメン屋として大評判、とのことで、何とかとかいうラーメン評論家のお歴々がみな、絶賛している、と。

ちょうどウチから自転車で 15 分くらいなので、さっそく行ってみた。



このラーメン屋さん、宝蔵院というお寺の境内にあり、参拝客のための休憩所がそもそもらしい。

日曜日の 11 時半ぐらいに着いたのだが、すでに先客が 5 人。





待っている間に、次から次へと客がやってくる。





ちゃんとバイクラックもあった(笑)





「寺カフェ」 というぐらいなので、ココでお茶も飲めるんだろうか…



店内には順番を待つスペースはないので、店の外で行列。

15 分くらいで店内に入る。



靴を脱いで(オレはサンダルだったケド・笑)、店内に入ると、そこは普通の民家だった(笑)

こたつがあったり、座卓が並んでたりと、何だか友だちの家に来たみたいな雰囲気である。

店内は満員だったので、さすがに写真を撮るのはためらわれる。



待ってる間に店内を見渡す。

「カフェ」 だけに、カウンターにサイフォンが並んでたり、きれいな絵や写真が飾ってあったりと、とてもお寺の境内の休憩処とは思えない。



が、しかし…

「テレビで紹介された後、混乱を避けるために、夜の営業は中止します」

「宝蔵院の駐車場でタバコのポイ捨てが増えています。これ以上このようなことが続くと、この場所で営業できなくなるので、指定された場所以外でタバコは吸わないでください」

店内には、こんな張り紙があちこちにしてあり、何というかテレビの功罪を思った。

もっとも、オレも女房がテレビで見て、オレに教えてくれたワケなので、エラそうなコトは言えないが。





昔ながらの中華そば細麺と豚めしのセット。

ラーメンは昔ながらの鶏ガラと煮干しから選び、麺も細麺と平打ちから選べる。

お店の人に訊いてみたら、昔ながらであれば、細麺がおすすめだ、とのコト。



豚めしは、チャーシューの細切れが乗っており、その上に醤油ダレとマヨネーズ。

デブ一直線(笑)



いただきまぁ〜っす!



む…

今イチ。

_ノ乙(、ン、)_



いや、脂っぽいヨ、コレ!

確かにスープ自体は昔ながらの鶏ガラだけど、表面に脂の層ができてるじゃん。

麺も具も美味しいのにナァ〜



豚めしのチャーシューも柔らかく、とってもジューシーなのに、スープがこれでは台無し。

やっと一杯食べたが、スープの脂と豚めしのマヨネーズで珍しく胸ヤケ(笑)

げふ…



ラーメンデータベースでも★ 4 つの高評価であり、オレも楽しみにしていたのだが、何だかとっても残念。

ま、一回来ればいいヤ…

ちゃんちゃん。



| 色即是 喰う! | 12:54 | comments(4) | - |
タブレットに外付けキーボードをつないでみた
この前買った HUAWEI の android タブレット Mediapad M3

初めて買った中華タブレットというコトで、若干の不安はあったものの、あまりのデキの良さに驚嘆、毎日便利に使っちょります(^^)



購入の目的は、長い通勤時間の間に kindle 本を読むことと、動画を見ること。

kindle 本はともかく、動画については、今年から NHK-BS での NFL 中継が週二本から一本に減らされてしまったこともあり、その分、ネットから試合のハイライト動画を落としてみているので、出番として考えれば増えている。

そんな中で、電車の中でブログの下書きとか、友人ブログへのコメント書き込みとか、そんなんもできればいいかナァ… と思い始めた。



となると、やはり外付けのキーボードは必須。

いろいろとネットでの情報を漁った中では、 TABLET2CASE 社の COOPER BACKLIGHT EXECUTIVE 2-in-1 というのがよさそうだったので、さっそく注文、さっそく配送された。





こんな感じのミニキーボードで、タブレットとは青歯で接続する。





タブレット本体は、かなり原始的な方法で固定されるが(笑)、特にゆるい感じもなく、しっかりと固定されている。





後ろはこのように衝立というか、フリップというか、とにかくこんなん(笑)





で、ふたつが合体するとこうなる、と。

何だか極小ノート PC のようだが、 PDA にハマってたころを思い出す(笑)





おもしろいのは、こうやってバックライトが光るコト。

七色に変化するそうだが、あんまりきらびやかになっても困ります(笑)



ハード的に合体ができたので、次にソフト的にも合体、つまり Bluetooth を使って、タブレットとキーボードを接続せねばならん。

両方の電源を入れ、タブレット側からキーボードを探させるワケだが、あっさりと発見。

次に PIN コードを入力しろ、と。



ここで悩んでしまった。

PIN を入力するにも、まだタブレットはキーボードを認識していないワケだから、キーボードから PIN を入れるコトはできない。

かといって、タブレットの画面にはソフトキーボードは表示されず、これでどうやって PIN を入れろ、というのか(笑)



が、ダメ元でキーボードで入力してみたら、あっさりと PIN が入力できた(笑)

ウジウジ思い悩む前に、いろいろやってみろ! というコトか。





こんな感じで android のエディタ上でテキストを入力、できたら全選択してコピー、タスクスイッチして、ブラウザに移動して、テキストを貼り付ける、と。

キーボードショートカットも、 Windows と同様にできたし、タスクスイッチもちゃんと Alt + Tab でできた。

ウマくできてんナァ…



この記事もタブレット+キーボードで書いてみたが、やっぱりちょっと疲れました(笑)

小さいキーボードには、 PDA 時代から散々触ってきたので、慣れているつもりだったが、やっぱり久々だと取りこぼしも多く、ストレスたまります(笑)



このキーボードは US 配列なので、慣れ親しんできた日本語キーボードではない。

なので、特に記号などの入力の時は、指が泳ぐ(笑)





また、各キーの配列と大きさがこんな感じなので、 Enter を押すつもりが Shift を押したり、 Backspace のつもりが f12 キーを押したりと、なかなか楽しませてくれます(笑)

しかしまぁ、思った以上にタッチもよく、また IME として使っている Google 日本語入力と相性もいいので、これは買って正解だったかも。

あとは、どれだけ通勤電車の中で、睡魔に負けずにコイツを使えるか、ですナ(笑)
| 電子gadget | 10:06 | comments(6) | - |
ちょっとした偶然


2018 年度の NFL ドラフトにて、アトランタ・ファルコンズから一巡指名を受けた、アラバマ大学クリムゾン・タイドの WR カルバン・リドレー。

アラバマ大学と言えば、ファルコンズの超絶 WR フリオ・ジョーンズとか、レイダーズのアマリ・クーパーを輩出した、言ってみれば WR 製造工場(笑)





ファルコンズでは背番号 18 を付け、早くもスターター WR としてして活躍。

Week5 が終了した時点での成績は、 19 レシーブ、 302 レシーブヤード、 TD が 6 となっている。

5 試合が終わった割には、やや物足らない成績ではあるが、まぁフリオ先生もいるし、モハメド・サヌーとか、ジャスティン・ハーディー、 TE のオースティン・フーパーとか、優秀なレシーバー陣が揃っているチームでもあるので、ルーキイヤーとしては、とてもいい成績なのだろう。



が、しかし。

肝心のファルコンズが、 NFC 南にて、堂々の最下位(笑)

早くも 1 勝 4 敗だもんナァ…



チャンピオンシップどころか、これからの試合全勝しないと、プレーオフ進出も難しい。

ムリ(笑)

_ノ乙(、ン、)_



まぁ、そんな中。



家に帰ると…



( ・ω・) ムニュ…?



(爆)



いやー やっと来たゼ(長)





オーダーしたのが、 9 月 21 日。

途中までは追跡できたのだが、マヌケなワタシは普通郵便を指定したので、途中から追跡できなくなった(笑)

それが、やっと今日配達されました。



女房がいなくて助かった(笑)



で、いったい何が来たのか、というと…





じゃーん(笑)

NFL のチームジャージを初めて買いました。

チームはもちろん、アトランタ・ファルコンズ。

でも、ハンガーはクリーニング屋さんのなの(笑)



で、誰のジャージかというと…





冒頭に出てきた、今年のドラフト一巡指名のカルバン・リドレー。



そう。

「リドレー」 なんである(笑)

何という、ちょっとした偶然(笑)



ファルコンズのゲームを YouTube で見てて、初めてカルバン・リドレーを見て 「こいつがドラ 1 の WR かぁ」

「って、あれ… リドレーじゃん!」 と、やっと気づいたという(笑)



今度から、これ着て自転車乗るんダ。

一応、ゲームジャージだから、速乾性のポリエステルだし。



でも、 NFL のチームジャージ着て、ロードバイク乗ってるなんて、オレぐらいなモンだろうナァ…

ともさんからは、アメフトのヘルメットかぶって、自転車乗れ! って言われたケド(笑)



で、さっそく着てみたのだが…





日本製だったら、オレは XL だが、アメリカ製であるので、 M にしようか、 L にしようか、悩んだ末に L にした。

が、やっぱりちょっとデカいかナァ…

まぁ、タポタポの体型がちょっとでもゴマかせるかナ…(笑)





胸に輝く NFL ロゴ。

NIKE 謹製である。



もちろん、バックポケットなどはないので、ウエストバッグを付けましょう。





BOSS のウエストバッグ。

BOSS と言えば、エフェクターで有名だが、ギターを弾けもしないオレなのに、なんでこんなモンがウチにあるんだろう…(笑)

エフェクターがらみのイベントなんかにも、出た覚えもないんだが。



まぁいいヤ。

押入れの奥から引っ張り出してみたが、まったく使っていなかったので、ファスナーが 甘噛み 潮噛みしていた。

あとで、シリコンスプレーをたっぷりと吹きかけておきましょう♪



ちなみに、ワタシがこれを腰に巻くと、何だかまわしみたいになっちゃいます(爆)





ついでに買った、ファルコンズのキーホルダー。

WEB サイトでのサンプルと、だいぶ色合いが違うが(笑)、まぁいいヤ。



さっそく明日にでも着たいものだが、これを発注した 9 月は、まだまだ暑かったんだよネ。

しかし、やっと到着した今日、半袖 T シャツ一枚では、とてもいられなぐらい気温が下がっている。



来年の夏までお預け…?

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i

(笑)
| ZureZure日記 | 15:46 | comments(2) | - |
予感的中
出かけようと思って、リドレーさんを出したり用意をしていたら、ふと 「今日、パンクするかも」 って思った。

何となく、そんな気がしたダケなのだが、一瞬そう思っただけで、すぐに忘れてしまった。



とりあえず江戸川を北上。

珍しく、関宿城はスルーして、気の向くままに渡良瀬川から利根川へ。





休憩に立ち寄った、藤岡のスポセンはいつの間にかこんなキレいになってた。





こんなキレいなフローリングだったら、当然だよネ。

「ビンディングシューズ」 ってトコが、自転車乗りが多く訪れる藤岡スポセンらしい。





フロアポンプまであるのか…

さすがにツールボックスまでは開けなかったが、自転車関係のツールがたくさん入っているんだろうか。

(感謝)



さて、休憩もしたから行きましょう。

台風慰霊碑まで行って、お詣りするかナ…



ココで、後輪の感覚が休憩前とは比べ物にならないぐらい、ヤワくなっているのに気づく。

え…

ももも、もしかして…



パンクっすか?!





_ノ乙(、ン、)_



どうも、ココに着く直前ぐらいから、後輪に違和感があったんだよネ。

どうやらスローパンクだったようで、スポセンでフロアポンプを借りて空気入れても、しばらくすると、明らかにユルくなっている。

んもう…



出掛けの予感、的中か…

こういうのは当たるんだよネ(笑)



さっさとチューブ替えて、帰ろう。

もうこの先、行く気なくなっちゃったヨ(笑)



しっかし、実にいいところでパンクしたモンだ。

携帯ポンプで空気入れるのは、けっこう大変だもんナァ

きっと神様は見てくれているんだろう(善人)





きたかわべ道の駅でヤケ喰い(笑)



またチューブ、補充しとかないとナァ…

やれやれ…




| Ridley | 07:42 | comments(4) | - |
トライ
首が痛くて自転車に乗れなかったので(笑)、 Amazon でビデオを見ていた。



「Friday Night Lights」

邦題は 「プライド 栄光への絆」

もうコレだけで、どんな映画なんだか、だいたい想像できる、ってなモンである(笑)



2004 年のアメリカ映画で、アメリカの小さな街のハイスクールフットボールチームの物語。

まぁストーリー的には、可もなく不可もなし、であるが、街の人たちのフットボールにかける気合というか、意気込みというか、執念というか、入れ込み用にはかなり引いてしまう。



言ってしまえば、高校生の部活動(笑)

確かに試合である以上、勝つことは最大の目的であるが、ここまで過度な期待や言動を寄せられると、まだ少年の域である高校生には相当なプレッシャーだと思うんだけどネ。

もっともそれをはねのけて、強い男になって勝利をモギ取れ! ってのがアメリカンなのだろう(笑)



対象的なのが日本の高校野球。

勝つことが重要な要素なのは同様だが、勝利と同等、もしくはそれ以上に重きを置かれるのが 「過程」 かと。

日本の部活動は、人格形成という側面も持たせているからそうなるのだろうが、典型的だったのは、この夏の甲子園。



秋田の地元の子たちだけの金足農業高校が、好投手吉田君を軸にあれよ、あれよという間に勝ち上がり、気がつけば二度目の春夏連覇に挑む、超が付くぐらいの強豪校、大阪桐蔭との決勝戦。

結果はご存知の通りだが、偉業を成し遂げた大阪桐蔭がすっかり霞んでしまった。

ま、いかにも日本人が好む展開であり、オレももちろん、その展開に酔いました(笑)



話はいつものように横道にそれるが(笑)、甲子園での応援はもっと公平であるべきだと強く思った。金足農業を応援する気持ちはよくわかる。しかし、あれでは大阪桐蔭の選手たちがかわいそうだ。自宅で見てるなら好き勝手にすればいいが、両校の選手たちが自分を出し切るギリギリの試合をしているのだから、あまりに判官びいきな態度は、厳に慎むべきだと思う。




そんなワケで、アメリカ人の単細胞さを存分に味わえるこの映画であるが、どうにも気になる点があった。

それは字幕の訳が、あまりにヒドかったコト。

もちろん、アタシャ英語なんて、これっぱかりもわからないので ヾ(^^;ホントニ添乗員ヤッテタノカヨ フットボールの用語についてである。



ヘッドコーチが選手に指示を出す。

「パント攻撃だ!」



いや 「パント攻撃」 って(笑)

確かにパントはオフェンスプレーのひとつではあるが、失地回復し、次の敵チームの攻撃を少しでも不利な地点から始めさせよう、というのが目的だから 「攻撃」 ではないのである。



この他にも、首を傾げざるを得ない訳(首が痛いんだから、かしげさせるな! っての・笑)や、思わず苦笑する訳が続出し、この点は大いに楽しめた(笑)



が、もっとも呆れてしまったのは…

試合展開を熱のこもった口調で実況中継するラジオのアナウンサー。

そして絶叫。



「決めました! バーミアン高校パンサーズ トライ!!」



(爆)



ラグビーじゃねぇヨ。

アメリカンフットボールだヨ。

「トライ」 じゃなくって 「タッチダウン」 だろ。



これ誤訳なんだろうか。

あるいは訳者が 「タッチダウンって一般的なことばじゃないから、もっと一般的なトライって訳しちゃおう」 とかって思ったのか。



前者なら勉強不足も甚だしい。

後者なら、これは意訳ではなく捏造であり、訳者失格である。



オリジナルのセリフは 「タッチダウン」 と言ってるハズだし 「タッチダウン」 という言葉自体も、とっても普遍的な表現だと思うのだが、なんでこうなってしまったんだろ?



Amazon の、この映画のレビューを読んでも、この点に触れているのは皆無。

見ている側にとっては、トライだろうがタッチダウンだろうが、そんなことはどうでもいいのだろう。

オレもよくルールがわからないスポーツをモチーフにした映画を見たら、絶対にそうなる。



だけど、これではぶち壊しです。

このトライの一言で、映画全体が空回りしちゃったように思えたのは事実。

ま、こんなコトでこんな風に感じちゃうオレも、どうにかしてるんだろうが…



| ZureZure日記 | 09:40 | comments(6) | - |
二週続けて三連休
前半戦は何だかなんにもやる気が起きず、ちょっとバタバタもしていたので、結局どこにも出かけず。



後半戦。

ホントに久しぶりにみずさんからお誘いをいただき、オレも楽しみにしていたのだが…

突然、首が動かなくなった(笑)



何年か前に神経痛で苦しんだコトがあったが、またそれかナ…

みずさんとの RIDE は泣く泣くキャンセル。

申し訳ないです <(_ _;>



Amazon プライム・ビデオで、アメリカンフットボール関連の映画を何本かブックマークしておいたので、それでも見るか…

(溜息)





タイヤも新しくしたリドレーさんだが、結局、玄関に吊るされたまま。

_ノ乙(、ン、)_
| ZureZure日記 | 07:17 | comments(4) | - |
皮むきポタ
ずいぶん前に、ともさんから 「こんなんもあるでヨ」 と教えてもらった 「LITHION3」

「へぇ〜」 と思った瞬間、衝動買いし、ブツが到着した途端、忘れてしまった。

_ノ乙(、ン、)_



FFWD に履かせている GP4000 も、まぁそこそこの距離はいっており、サイドに細かいヒビ割れがたくさん発生しているので、そろそろタイヤを替えるか、と Amazon をウロウロして、電撃的に思い出した 「LITHION3」

アブなかった…

また、いらんモン買ってしまうところだった…



実はコレ、先週の話なんである。

こういうワケで、先週、タイヤを替えようと思ったのだが、どうにもこうにも入りません(笑)



前はどうにかハマったのだが、後ろがウンともスンとも言わん。

クリンチャーなのに、なんでこんなに入らないんダ…

って、そもそもがタイヤ交換なんて久しぶりなんだから、手際も悪く、余計に時間がかかってるワケです。



だんだんイヤになってきちゃって、先週はそのまま放置したった(笑)

「シャマルもあるから、いいヤ」

って、無理やり思い込む(笑)



が、そうも言ってらんない。

何回も出先でパンクしてるワケだし、自分でタイヤはめられないと、とんでもない悲喜劇になっちゃう(笑)



で、昨日の土曜日にまたホイールバッグからリムに片側だけハマってる状態のホイールを取り出し(笑)、再チャレンジ。

今度は基本に忠実にやってみた。



ぱこんぱこんぱこん

あ、なんだ、やっぱり自己流だからダメなんじゃん。

基本に忠実にやれば、すぐできるヨ。



で、ラストの締め。

親指の腹に力を込め、ビードをリムに落とし込もうとしたら、指はさんだ。

イデデデデデッ!





さすがに指全体を挟むようなコトにはならず、正確には 「親指の皮を挟んだ」

で、こんな水ぶくれになりました(笑)



しかしまぁ、基本に忠実に進めたおかげで、モノの数分とかからずにタイヤ交換終了。

オレは先週、何やってたんダ…

このままどこかに行こうかとも思ったが、家の用事もあったし、親指の水ぶくれも痛いので(笑)、おとなしくしてました。



さて。

今日は皮むきに行こう。

って、水ぶくれをむくんじゃないヨ。

タイヤの皮むきだヨ(笑)



タイヤの皮むきってよく聞くけど、絶対しなきゃいけないモノなのかナ…

皮むきなんかしなくたって、タイヤ替えた初回は、要するに皮むきなワケでしょ?

よくわからんが、まぁとにかく軽くポタってきましょう。





前も…

(^^)v




後ろも…

v(^^)v





でも、何だか全体的に薄汚れているリドレーさん(悲)

帰ったら洗車してあげよう。





何だか変な雲だナァ…

まぁ降られないうちに、さっさと行って、さっさと帰ってこよう。





相も変わらず、ムダに広い江戸川(笑)



とりあえず関宿城に来てみたが、これからどうしよう。

利根川、利根運河もいいケド、今日は久しぶりに国道 4 号の側道で帰ろうか。

自転車にまじめだったころは、夜もこのコースで走ったもんだが、今は昔(笑)





スタートはこの国道 4 合菱沼交差点。





で、ゴールがこの庄和 IC 北。

ド平坦が 10 キロぐらい続くので、練習にはもってこいなのだが、もちろん 「練習」 なんぞしやしない(笑)





帰り道の総合公園でまったり。





リドレーさんもまったり。

サドルの上に缶コーヒーが乗ってます(笑)

さて、ウチ帰って洗車するか…





思えば、リドレーさんのこんな赤裸々な姿も久しぶりである。





洗車ついでに、ミッシングリンクも新しいモノに交換。

こうやって違う色のモノにしておけば、オイルを注す時に、どこまで注したかすぐわかる。

でも、何だか金歯みたい(笑)





洗車完了(清潔)





そして、どんどん肥大化する水ぶくれ(笑)



| Ridley | 14:49 | comments(8) | - |
2018 レギュラーシーズン開幕


やっと始まった。

開幕戦は、昨年のスーパーボウル覇者フィラデルフィア・イーグルスとマイフェイバリットチーム、アトランタ・ファルコンズ。

去年も開幕戦は NHK BS1 で放送したので、当然、今年も放送するだろうと思っていたが、やらないのネ…

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i





仕方ないので動画で見たが、いや〜 おもしろいゲームだったナァ!

ファルコンズの RB はふたりとも好調のようだったし、フリオ・ジョーンズ先生のパスヤード稼ぎまくりのプレイもスゴかった。

ライアンも安定してるみたいだし。



イーグルスは昨年スーパーボウルの MVP であるニック・フォールズが先発。

カーソン・ウエンツのケガはまだ癒えていないのかナ…



で、また出ました。

フィリー・スペシャル(笑)

動画の 5 分 27 秒あたりから。



これ、去年のスーパーボウルでペイトリオッツも用意していた、 QB を使ったスペシャルプレイだが、ペイトリオッツはトム・ブレイデイがオーバーショルダーのパスをミスキャッチして失敗。

イーグルスはエンドゾーン直前で見事に決め、 TD !

この時は実に爽快に感じたが、ファルコンズ相手にやられると、めっちゃムカつく(笑)



ゲーム自体は大接戦で、第 4 クオーター残り 1 秒で、マット・ライアン→フリオ・ジョーンズのホットラインが見事に機能し同点 TD かと思いきや、アウトオブバウンズ。

_ノ乙(、ン、)_



ま、でもおもしろかった!

今シーズンも楽しみです♪





こんなんもあったんだよネ。
| アメリカンフットボール | 07:17 | comments(2) | - |
何となく思い出したラーメン屋
ふと、駅前の路地を入ったところにラーメン屋があったコトを思い出した。

ずいぶん前に一度行ったコトがあるのだが、まったく印象にない。

と言うコトは、そんなに美味しくはなかったのかも知れないが、せっかくなので行ってみるコトにした(笑)



自転車はキラいなので、歩いていく。

なんちゃって。



昨日の帰りは雨だったので、クルマで買い物に来ていた女房と帰ったんです。

なので R3 は駐輪場に置きっぱなしなので、迎えに行きがてら。



どこの路地を曲がるんだっけ…

すっかり忘れてる(笑)





あった(笑)

宝来軒さん。



ココはやはりラーメンで味を確認したいところだが、店の表の黒板に書いてあった本日のおすすめメニュー。

みそつけ麺セット、半ライス、唐揚げ 2 個付き。

コレに惹かれてしまった(笑)





お!

何だかいろいろと付いてきましたヨ(寿)



つけ汁はまごうことなきみその味。

炒めたひき肉とニラが香ばしい。

台湾風なのか…?



が、しかし。

何だか身体が拒絶反応を示すと思ったら、つけ汁には魚粉がオンされていた。

_ノ乙(、ン、)_



ラーメン大好きなクセに、煮干し系と魚粉が限りなく苦手。

むーん…

麺も今イチつるつる感に欠け、ちょっと残念。



唐揚げと小鉢類は美味しかったが、メインがコレなので ★★☆☆☆ ですかネ…

だけど、マスターとおかみさん、おばあさんの対応が非常に気持ちよかったので、 1 個オマケして ★★★☆☆ かナ(笑)

ごちそうさまでした。
| 色即是 喰う! | 12:33 | comments(2) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす