ƃǝlʇooq

ロードバイク・アメリカンフットボール・音楽・酒
ハードリセット日和
ワタシの私生活は Google さんの監視下にあり、購買意欲は Amazon さんの監視下にある。

そんなワケで、昨日衝動買いしたブツが届くまで、散歩でもしてきましょう(意味不明)





近所の公園、と行きたいところだが、けっこう歩いた(笑)





こんなところにアヒルさんが…



というワケでウチに着いたところで、さっそくブツが配送された。





ハイ、アマゾンさんのハイコストパフォーマンスタブレット、 Fire HD 8(第 7 世代)であります。

画面サイズ 10 インチのヤツとどちらにするか、悩んだのだが、主に使うのは通勤電車の中であれば、やはり 10 インチはでか過ぎるし、重過ぎる。

というワケでコレ。

一緒に画面保護シートと純正カバー、それから保証延長オプションも購入(不転先杖)





タブレット本体はこんなお手軽パッケージに入っていた。

先日、輪友の 矢印 zakk ちん が買ったタイヤは重厚な化粧箱に入っていた、というのに、ワタシのタブレットはこんなん(笑)





中身は至ってシンプル。

本体と充電器セット、簡単お手軽マニュアル。



まずは脂じみた手をキレいに洗い、慎重に保護シートを貼る。

シートを貼るのは苦手なのだが、コレはよくできていて、不器用なオレでもキレいに貼れた♪





さっそく電源オン。

ネットワークの設定をして、アマゾンさんに接続し、アカウントを入力。



基本的にこのタブレットは、アマゾン顧客の囲い込み目的なので、アマゾン謹製のアプリしかないし、インストールできない。

が、ある種の野良アプリを入れれば Google の Play ストアがインストールできるので、足らないアプリはここから持ってくればいい。





で、このように Play ストアがインストールできました。

ただ、あくまでもこれはアマゾンの保証外。

何があっても自己責任なのはお約束。



ワタシはそれを、この後、しみじみと悟った。

(笑泣)



今回のタブレット購入目的は、 kindle での読書と、動画を見るため。

スマホの小さい画面で見るよりは、やっぱり大きいほうが見やすいし。



というワケで、まずはスマホ環境と同じにしようと思い、スマホに入れているアプリをたくさんインストールしたのだが…

アマゾンのストアアプリと kindle が起動しなくなった(笑)



まぁストアは PC でアクセスすればいいのだが、 kindle が起動しないのは、今回の場合、致命的(笑)

購入目的のひとつだし。

キャッシュやデータを削除したり、本体を再起動したり、いろいろやってみたが、いっこうに解決しません(笑)



アマゾン顧客囲い込みタブレットで、 kindle が起動しないというアンチテーゼ(笑)

この他にも、 Gmail の In box とか、 Google のいろんなアプリが起動しません。



仕方ない。

購入初日で早くもハードリセット堂々敢行。

_ノ乙(、ン、)_



また初期設定をやり直し。

何だか Wi-Fi の SSID とかアマゾンアカウントのパスワードとか、覚え込んじゃいそう(笑)



とりあえずキレいな身体に生まれ変わったところで、よせばいいのに、ホーム画面を強制的に置き換えるという、何だか非常にヤバい野良アプリを入れてみた(笑)

だって、デフォルトのホーム画面、めっちゃ使いにくいんだモン。

これで Google Now ランチャーが使えればいいナァ



結果。

大失敗。

(爆)



そもそも、このアプリでは Google Now ランチャーは対象外らしく(笑)、記事の最後の方にそんな記載があった。

それならば、というコトで別のランチャーを仕込んでみたが、タブレット本体の挙動がめっちゃ不安定になりました。



ハイ、本日 2 回めのハードリセット、粛々と実施。

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



すっかり暗記してしまった SSID とか各種パスワードを鼻歌まじりで入力し、そんなこんなですっかり疲れました。

アマゾン謹製のアプリでも kidle は全然いいんですヨ。

だって、選択肢そのものがないワケだから。



困ったのが、デフォルトの動画プレーヤー。

レジューム再生非対応という、非人間的な仕様。

電車の中で細切れで見るワケだから、それは致命的。



涙目になってアマゾンのアプリストアを見たら、昔スマホでも使っていた動画プレーヤーが無料であがっていた(笑)

タブレット上では、完全に Google と袂を分かったワケなので、他に必要なアプリもここから調達せねば。



が、しかし。

要するにこのタブレットは kindle 読書と動画が見られれば OK なので、あと必要なアプリはファイルマネージャーぐらい。

もういいヤ、これで…





アイコンはフォルダにまとめられるので、とりあえずはこんな感じにしてみたが、もうちょっと何とかならんか、このホーム画面…



って、囲い込みタブレットなんだってば(笑)

そうやって割り切れれば、これはいい端末。

オレは半日かかって割り切った(笑)



割り切れない人。

おとなしく、普通のアンドロイドタブレットを買いましょう。

(笑)
| 電子gadget | 17:24 | comments(1) | - |
iPod Classic 復活
また衝動買いをしてしまった(笑)

ブツは明日、配送されるので、それまでにやれる準備をしておきましょう。



ずっと iPod Classic を愛用してきたのだが、 2014 年に販売終了し、その途端に起動しなくなった(笑)

仕方なく 矢印 iPod nano を買ったのだが 下の子に 「父さん、ちょうだい」 と言われ、取られてしまった(笑)

それから、ずっとスマホで音楽を聞いてきたのだが、明日来るブツのコトを考えると、スマホで音楽を聞くのはちょっと具合が悪い。



ちなみに nano は下の子に道に落とされてしまい、スイッチ部分が陥没。敢えなく起動不能と相成った(涙)




かと言って、他に音楽プレーヤーは持っていないし…



もしかして、 Classic さん、 4 年弱の雌伏を経て復活したりしないかナ…

その間、一度も充電してないので、エラい長い電池抜きリセットになってしまったが…



引き出しの奥からゴソゴソと取り出し、ケーブルも探し出して、とにかく充電。

あ、なんか電池のマークが出てきたゾ…

もしかして、復活?(笑)



大復活(爆)



オレの秘蔵の iPod Classic さんは、 4 年弱もの電池抜きリセットの効能か、何事もなかったかのように復活した。

やってみるもんダ(笑)



スマホで音楽を聞いていた時、スマホ側のアプリは定番の Power Amp を使っていた。

PC 側では Music Bee





これが Music Bee

アップデートするたびに使いにくくなる iTunes に嫌気が差し、これにしたのだが、特に不満はありません。



ただ、スマホに音楽を転送する時がとっても面倒。

特にプレイリストに数曲追加するような場合、何度もスマホ側プレイリストの更新をしたり、あるいは削除してもう一度取り込むとかする必要があり、非常にめんどくさい。

iTunes + iPod のコンビだと、こんな場合の同期でも確実にできる。



Music Bee で iPod に転送できないのかナ…

ネットで検索すると、できるらしい記事も見つけたのだが、なんだかよくわからない(笑)



んじゃ、楽曲の整理は Music Bee でやって、できたプレイリストを iTunes にインポートすればいいヤ。

んで、 iTunes から iPod に転送。

って、これもけっこうめんどくさい(自爆)





久しぶりに iTunes をインストール。

Music Bee から数十程度のプレイリストをエクスポートし、それを iTunes にインポート。

んでもって、 iPod に転送。





(^^)v





iPod 用のヘッドフォンも引き出しの奥から発掘してきた。

ケースは毛羽立ってるし、ヘッドフォン自体もやや黄ばんでるが(笑)



音楽まわりはこれでいいヤ。

あとはスマホの画像まわりだナ…



早く明日になって、ブツ来ないかナ…

(福)
| 電子gadget | 16:40 | comments(2) | - |
これは酷い
5 月 6 日に行われた日大フェニックスと関西学院大ファイターズの試合で、目を瞠り、覆い、吊り上げるようなヒドいプレーがあった。





動画開始から 14 秒付近で画面左側から右側へ、赤いジャージの日大選手が走っていく。

そして画面右側にいた青のジャージの関西学院大 QB に背後からタックル。

無防備の状態で真後ろからタックルされたこの選手は、もんどり打って倒れた。



これは酷い。

酷すぎる。



倒された青ジャージの選手は関西学院大の QB

QB はボールをリリースした時点で、そのシリーズでの役割は終わっている。

なので、その QB を倒しても何の意味もない。



また役割が終わったからこそ、このように無防備状態になり、本来 QB を守る OL も次の役割に進むワケである。

その状態でこのプレー。



フィールドでの判定は 「アンネセサリーラフネス (Unnecessary Roughness)」 つまり 「不必要なラフプレー」

確かにそうだが、これはもう 「プレー」 とは言えない。

相手にケガを負わせるコトのみを目的とした、傷害事件モノだと思うのである。



こういう激しいスポーツなので、その気はなくても、勢い余ってブツかってしまうケースはよくある。

しかしそれでもパスを投げ終わり、役割が終了した QB とか、パントを蹴り終わった後のパンターに対して 「勢い余ってブツかって」 しまっても、それはラフィンザパサー、もしくはラフィンザキッカーという反則となる。

無防備な状態で激しいヒットをされるコトが、どれほど危険な行為であるかを如実に表すルールである。



にもかかわらず。

正直、腹わたが煮えくり返った。

日大と関西学院大、ともに日本のカレッジフットボールでは名門中の名門であり、去年の大学日本一を決める甲子園ボールでも戦っている。



「日大フェニックス」 と言えば、アメフトを知らない人でも、名前ぐらい聞いたコトがあるのでないだろうか。

それだけ知名度があるということは、その世界では実質的なオピニオンリーダーであり、単なる一チームではなく、範を垂れる存在であるべきなはず。

それがこの恥知らずなプレー。



しかも、この選手はこの試合で何度も同様な 「不必要なラフプレー」 を繰り返し、最後は相手を殴って退場になったとか(出典:日刊スポーツ 2018 年 5 月 6 日)

試合後、フットボール関東学生連盟は、この選手の対外試合出場禁止という異例の処分を発表。
(出典:朝日新聞デジタル 2018 年 5 月 10 日)

またこの選手は来月の大学世界選手権の日本代表のひとりだったが、出場を辞退した。



と、ここまで書けば、如何にもこの選手が悪者のように思えるだろうが、ふと思った。



やってしまった事実は消せないが、本当にこの子はこんな行為を頻発するほど、愚かな悪意を持った人間のクズなのだろうか。

そもそも、そんな子が日大のような名門チームでロースターを張り、世界選手権にも選抜されるような、日本のカレッジフットボールの頂点に立てるのだろうか。



試合後の日大・内田監督の発言。

「力がないから、厳しくプレシャーをかけている。待ちでなく、攻めて戦わないと。選手も必死。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」
(出典:日刊スポーツ 2018 年 5 月 6 日)



「あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」



絶句



もちろん、この発言には前後があるだろうし、こうやって部分部分を切り取り、継ぎ接ぎすれば、マスゴミがよくやるような捏造とも取れる記事ができあがるのは、よくわかっている。

しかしこの処分の後、日大は公式サイトで謝罪文を掲載した。







ありきたりの内容ではあるが、これだけヒドいコトをし、関西学院大からも抗議を寄せられ、連盟からも異例の処分を喰らっては、こうした発表はせざる得ないだろうが、このように公にした、ということは

「やらせている私の責任」 と、責任は自分にあると公言した監督に対して、過酷なぐらいの処分が必要なのではないだろうか。



「力がないから、厳しくプレシャーをかけている」

とは 「日大の選手に力がないから、関西学院大に対して厳しくプレシャーをかけている」 という意味なのか、あるいは 「うちの選手たちに力がないから、うちの選手に対して厳しくプレシャーをかけている」 なのか。



相手チームにプレッシャーをかけるのは当たり前。

試合なんだから。

しかし、この行為は断じてプレッシャーではない。

悪質な犯罪行為であり、スポーツマンシップに則るという大原則の上に成り立っている、すべてのスポーツに対する裏切り行為である。



「うちの選手に対して厳しくプレシャーをかけている」

も、ある意味、当たり前。

それを跳ねのけてこそ、今までの練習の成果が発揮され、すばらしいプレーにつながるのだろうから。



ここから先はオレの想像でしかないが、もしや 「プレッシャー」 が 「脅迫」 になってはいなかったのだろうか。

日本代表に選抜されるほど、優秀なプレーヤーであっても、二十歳そこそこの若さでは 「脅迫」 に耐えかね、自分を見失ってしまったようなコトはなかったのか。



そうであったとしても。

この選手の行為により、相手 QB にケガを負わせてしまったのは事実。

脅迫に耐えかねた、のだとしても、自分のやってしまった事実は消せない。



だから猛省してほしい。

すでに大変つらい気持ちになっていると思いたい。

大好きなフットボールをするために、つらい練習に耐え、日本代表にまでなったのだから、これを乗り越え、選手の範となるようなスポーツマンになってほしいと心から祈ります。



そして、内田監督には前例のないような厳しい処分を望みます。

責任は自分にある、と公言しているわけだし、そうでなくてもやはり最高責任者は監督。

即解雇、永久追放でも決してやりすぎではないと思います。



学生スポーツは、スポーツという勝ち負けではあるが、人間教育の一環だと思う。

勝つにしろ、負けにしろ、それには意味があるはず。

その意味を体感させることが人間教育なのだと思っている。



| アメリカンフットボール | 10:35 | comments(6) | - |
台湾ラーメン 香満園
この前、女房と何となく隣町のスーパーに買物に行った時に見つけたお店。

さっそく行ってきた(笑)



連休前の水曜日は雨だったので、買い物に来た女房と待ち合わせてクルマで家まで帰ってきた。

なので R3 は駅前駐輪場に置きっぱなし。



ブラブラと駅まで散歩し、 R3 に乗って、さてどっか行こうか…

あ、じゃぁ 「あの店」 に行こう。





思いっきり逆光になってしまった(笑)



午後 1 時過ぎぐらいだったが、お店に入ると、地元のお客さんで満席。

カウンターが一席だけ空いていたので、ラッキーである。





台湾ラーメンとチャーハンセット。



いや、実に美味しかったんです♪

台湾ラーメンは、あっさり醤油味でシャキシャキもやしと一緒に炒めたひき肉がとっても美味。

麺もツルツルで腰があり、いやぁ 美味しいなぁ♪



チャーハンも、よくありがちな 「半チャーハン」 ではなく、堂々の一人前(笑)

これがまたうまかった。



具はハムとたまねぎ、たまごというシンプルなモノだが、小学生ぐらいのころの土曜日。

おかあさんが、ありあわせのモノでちゃっちゃっと作ってくれたチャーハンのような、そんな懐かしい家庭の味。



元気のいい中国人のおばちゃんふたりが切り盛りしており、気持ちよく食事ができました。

今度は家族で行こう。

リピート必至。



=====2018 年 5 月 6 日追記=====

このラーメン屋の話を女房にしたら 「けい(←上の子)が美味しいチャーハン食べたいって言ってたから、連れて行ってあげたら」 と言われた。



で、今日、惰眠を貪っておる上の子に、かくかくしかじかで美味しいラーメン屋があるけど、行く? と聞いたら、即答で行く! と(笑)

で、また行ってしまいました(笑)



上の子は台湾ラーメンとチャーハンセット、オレは今日は醤油ラーメンとチャーハンにしたが、さすがに上の子はチャーハンの完食はできず、必然的にオレのチャーハンは大盛りになった(笑)

連チャンしてしまったが、いや、今までのラーメン人生の中でも五本の指に入るぐらいの美味しい店です。

次の休みも行こうかナ…



:p
| 色即是 喰う! | 17:19 | comments(6) | - |
横浜家系ラーメン
昨日 5 月 3 日の午前中は雨。

けっこう降っていたので、特に出かける予定もなし。



だが、困った。

女房の仕事の休みが木曜、金曜であり、女房が家にいるのである。

それが困る(笑)



女房もオレがいるのが迷惑そうであり、本当に夫婦なんだろうか。

午前中は 2 階のベッドに寝っ転がって、 kindle で本を読んでいたが、さてお昼はどうしよう…



下に降りていったら、女房が千円札をヒラヒラさせて、これで好きなラーメンでも食べてきなさい、と(笑)

ちょっとうれしい(笑)



で、この前タイヤ交換に行ったディーラーの、もうちょっと先に家系ラーメンがあるのを思い出し、家系なんて実に久しぶりだが、そこに行ってみるコトにした。





横浜家系ラーメンやまふじ家のとんこつ醤油チャーシュー麺。

スープを一口。

家系らしく濃厚でクリーミーだが、あぁぁ ちょっとしょっぱい…



半ライスでも頼もうかと思ったが、まわりのお客さんはみんなどこからかご飯を大盛りにして自席に持ってくる。

あ、そうか。



で、オレもご飯に高菜ときゅうりのキューちゃんをトッピングして持ってきた。

これでちょうどいいぐらい。

オレの隣のカウンターの人は 2 回ご飯をおかわりしてた(笑)



久しぶりの家系ラーメン。

店員さんの対応もすごく気持ちよく、店内も明るく清潔だった。

ごちそうさまでした。
| 色即是 喰う! | 08:26 | comments(4) | - |
Leslie West
相変わらず、このブログに登場してくるアーティストは歴史の彼方の人たちばっかりなんだが、今回もそうです(笑)



Leslie West

Leslie West と言えば、 Mountain ですヨ。

Mountain と言えば 矢印こっち じゃなくて(笑)、 Mississippi Queen ですヨ(爆)



ヘビーで圧のあるギターを弾く人だけど、例えばトニー・アイオミのゴリゴリと鉄板を削り落とすような 16 連のリフとは対象的に、もっとネバり付くというか、やたらサスティンの効いた強烈なギターです。







そして、その風貌。


(画像ハ拾イモノ)



で、往年のプロレスファンとしては…


(ヤッパリ拾イモノ)



アンドレ・ザ・ジャイアントが登場してくるワケですネ(笑)

最初まじでアンドレがギター弾いてるのかと思ったし(笑)



ちなみに画像ではスタン・ハンセンも映ってます。

スタン・ハンセン大好きです。



話は横道にそれるが、アントニオ猪木全盛だったころ。

最初はやっぱり猪木のファンだったのだが、何かの大きな大会で藤波辰爾が不甲斐ない試合をしたのか、内容はまったく覚えていないが、試合後に藤波をリング中央に正座させて、平手打ち。



これでいっぺんにキラいになった。

全国放送だゾ。

そういうのは楽屋とか、練習場でやれヨ。



もっとも、コレもパフォーマンスのひとつだったのだろうケド、日本人特有の精神論というか根性至上主義というか、プロレスという白黒ハッキリしたスポーツパフォーマンスショーに、ドロドロと汚らしいモノを持ち込まれた気がして、それからはずっとアンチ猪木です。



IWGP だったかナァ…

武道館でやった大会を見に行って、決勝だったかしら…

猪木とハンセンの一騎打ち。



武道館は割れんばかりの猪木コールだが、絶対的マイノリティのオレは猪木コールの合間に 「ハンセン…」 と小声で(笑)



でも、スタン・ハンセンは本当に強かった。

この人とブルーザー・ブロディとのコンビは、今でもプロレス史上最強のタッグだと確信している。



はい、すっかり横道にそれました(笑)



というワケで Leslie West です。

この前、ヒマにまかせてネットをウロウロしていたら、ふとこんな曲が飛び込んできた。







何だかいい感じにレイドオフしてて、いかにもアメリカの気のいいおっさんがホロ酔いでギター弾いてる、みたいな。

「オレも若いころはちょっと弾いててネ。いや〜 ギター持つなんて何十年ぶりだろう」 みたいな(笑)



で、誰だろうと思ったら Leslie West で、非常に驚いた。

Leslie West イコール Mississippi Queen であり、固定観念というか、実はそれしか知らないんです(笑)



で、手当たり次第に曲を探して聞いてみたが、かっこいいですナァ〜





なかでもこの曲。

往年の R&R の名曲 Roll Over Beethoven を Leslie West しか弾けないのであろう、こんなかっちょいいギターで演ってます。



むーん…♪



で、こういう場合のお約束。

Wikipedia 先生に教えてもらう(笑)



1945 年生まれの御年 73 歳。

波乱万丈の人生だと思うが、 2011 年に糖尿病の合併症で片足切断。

それでもその年にニューアルバム 「 Unusual Suspects 」 発表。



すごい。

不屈のロックンローラー。





思わず 「 Unusual Suspects 」 買ってしまった。

ダウンロード販売ですが(笑)



最近はヘビーローテーション(死語?・笑)でこのアルバムですナァ

久しぶりにかっちょいい R&R を聞いて、何だかうれしい今日このごろです。



| Rocks | 09:20 | comments(2) | - |
パン屋さんポタ
いつもお世話になっている 矢印ゴリラ自転車 の店主高山さんから、パン屋さんポタのお誘いをいただいた。

R3 も復調相成り、おかげさまで絶好調で、少しばかりポタポタしており、そろそろリドレーさんも… と思っていた矢先だったので、ちょうど背中を ポン! と押される形となり、さっそく参加させていただいた。



以前のオレを知っている友人諸氏には、前よりも更に輪をかけてデブになってしまった現状を晒すのは恥ずかしいが、今回の皆さんはいずれも初めてお会いする方々ばかりなので 「ただのデブ」 としか映るまい。

(−ι− ) クックックッ

(意味不明)



それにしても、リドレーさんに乗るのは半年ぶりぐらい(爆)

ちゃんと乗れるか…?

の前に、ちゃんとクリート、ハマるかナ…(笑)



前日からペコペコになってしまったリドレーさんのタイヤに空気入れ、冬用のウェア各種を引っ張り出し、いい気持ちで酒呑んで寝た(笑)



そのせいか、うっかり寝過ごしそうになったが(笑)、慌てて着替えて出発!

が、しかし。



めっちゃ寒い(氷)

秋〜冬用のグローブしか持ってないので(笑)、指先がチギれそうです(痛)





たまらず休憩。

あったかい缶コーヒーで生き返る。





ちょっと早すぎたみたいです(笑)



そのうち、店主さんや皆さんが集合、さっそく出発。

今日の目的地はおしゃれなパン屋さんだそうで、おしゃれとはまったく縁のないオレだけに、そんなお店に入ってもいいのか、一抹の不安が頭をかすめる(笑)



一番うしろをヨタヨタと走るデブオヤジを気遣ってか、全体的にのんびりペースなので助かります。

それにしても、こんな細い裏道をよく知ってるナァ

先頭の方には生体 GPS でも装備されてるんだろうか(笑)





というワケで、本日の目的地である 矢印ベーカリー&カフェ ナグラさん に到着。

美味しそうなパンがたくさんあり、次々とお客さんが入ってくるので、地元の人気店なんでしょうナ。





名前は忘れたが(笑)、右側のほんのり甘いパンと、ソーセージのサンドイッチが美味しかった。

熱いコーヒーもとっても美味しかったです。





しばし歓談の後、再び走り出す。

どこをどうやって走ってるのか、さっぱりわからないオレは、常に最後尾。

風も強い中、すいません、楽させていただきました。



埼玉スタジアムの前を通り、また細い裏道をくぐり抜け、ゴリラ自転車さんの前に到着。

いや、楽しかったです!

ありがとうございました!



走った距離も 50km 弱だし、のんびりペースではあったが、半年ぶりにリドレーさんに乗ったオレには、ちょうどよかったです。

また来週から、少しづつやり直しましょう。



高山さんはじめ、皆さんありがとうございました。

またちょこちょこ参加させていただきますので、これからもよろしくお願いします。

<(_ _)>







| Ridley | 13:39 | comments(2) | - |
PRISM / LIVE ALIVE absolutely




PRISM / LIVE ALIVE absolutely

・和田アキラ(G)

・渡辺建(B)

・青山純(D)

・中村哲(K)



1. From the Beginnings

2. Memories of you

3. Memory of the Moment

4. Community Illusion

5. Upside down

6. Space Shuffle



1981 年発表のライブアルバム。

何とか公会堂での演奏を収録。

どこで演ったんだっけ…?(笑)



ドラマーの青山純はすでに鬼籍に入ってしまったので、もはや再現不可能なメンバーでのライブです。

10 代後半のころに友&愛で LP 借りて(笑)、まさにテープが擦り切れるほど聞いた。

音楽評論家ではないし、楽器が演奏できるワケでもないので、的確なコトはわからんが、とにかく重厚な音圧のドラム、ベースに和田アキラのシャープなギターと、プログレチックなキーボードが奏でる、とにかくかっこいい音空間であった。



確かこのころって、メンバー全員 20 代だったと思うのだが、とてもそうは思えない地に足の着いた演奏。

そういう意味では、四人囃子もそうかも。



前々から欲しかったのだが、再発などはなかったらしく、たまに Amazon で出てきても、数万円とかって値がついていて、さすがに買わないし、買えない。

で、すっかり忘れていたのだが、ふとこの前検索してみたら、 1,300 円ぐらいでデジタル・リマスター版を売っていたので(笑)、思わず買ってしまった。



細切れの音源は持っていたのだが、フルアルバムを通しで聞いたのは 30 年ぶりぐらいか(笑)

いろいろと当時のコトが蘇ってきます(笑)



いや、いい買い物した(福)



が、しかし。

矢印こんなん もあったのネ…

!i!i!i!i!i ○| ̄|_ !i!i!i!i!i



| Rocks | 10:10 | comments(4) | - |
R3 のそれから
さて、やるコトがない(笑)

Amazon で R3 に付けるスマホフォルダーを買ったので、それが午前中に配送されれば、午後からまた R3 でブラブラしようと思っているが、そんな時に限って、夕方になるんだろうナァ…

女房が仕事でいない時を狙って配送されるように、到着時間から逆算して注文しているのだが(笑)、それが見事に裏目に出る時もあるんだよネ(悪事不出来)



録画したスーパーボウルは 3 回も見ちゃったし(笑)、何試合が撮りためていたレギュラーシーズンのゲームも、ほどほどに見た。

最近は、 Amazon プライムでも食指をそそられるような映画があまりなく、ほとんど見ていない。





昨日、遠藤周作の 「沈黙」 を WOWOW で放映しており、録画したので、それを見ようかとも思ったが、休日の朝っから見る映画でもないように思う(笑)



そんなワケで(どんなワケ?・笑)、どうでもいい記事を書いて、お茶を濁すコトにする。



R3 の復調なった日。

ちょうど 4 年ぶりの大雪が降った直後であり、それから道もバヒンバヒンに凍りついていた日々。





さすがに、こんな天気で R3 を外に放置するのは忍びなく、玄関に入れていた。

女三人の靴が散乱している、ただでさえ狭い玄関に、リドレーさんが吊るされ、さらにその下に R3 がいるので、これは家族から文句を言われるコトは必定。

怒られたら 「盗難が頻発している」 コトを理由に反駁するつもりでいたが、なぜか一向に文句が来ない。



暗黙の了解で認めてくれたのか、はたまたオレのやるコト為すコトすべてに興味がないのか(笑)



それにしても、ブッ散らかっている玄関だナァ!

ちっとは整理しろヨ!

ヾ(`д´)ノ彡☆



って、自転車が二台もあるから、整理もママならないんですか。

そうですか。

(自爆)





コレも実に貧乏臭いので、何とかしたいのだが…

どなたか、ローラー台の先端の部分だけください(笑)





これまでダウンチューブに携帯ポンプを付けていたが、余ってたボトルケージを付けてみた。





ついでに、チューブとか携帯工具、タイヤレバーが入っていたサドルバッグも外した。





ポタの時は、これに入れるコトにしたのである。

今、下の子は本屋でバイトしているのだが、処分しなきゃいけない雑誌の付録を密かに持って帰ってくれたのである(笑)

ポタの時は、財布なども持っていくので、これはちょうどいい。





こんなんも持って帰ってくれました(笑)

一応、防水のようで、作りはチャチだが、二層に分かれ、それぞれにファスナーと小分け部分があるので、なかなか使い勝手はよさそうである。

これにスマホやらお金を入れて、リドレーさんに打ちまたがるのは、いつの日か(笑)





ライトのところには、ピッツバーグ・スティーラーズのリストバンド。

もちろん、リドレーさんにも付いてます(笑)





取り付ける時に、ロックピンをヘシ折ってしまった泥ヨケ。

もうちょっと頑丈に付けようと思ったら、もう片方のロックピンまでヘシ折ってしまい(笑)、仕方ないので、こうやってタイラップで補強した。

これがなかなかいい感じで、ちょっとやそっとではグラつかないほど、頑丈にヒッついてしまったの(笑)





R3 の復調をお願いした、春日部の 矢印ゴリラ自転車さん だが、ブレーキワイヤーの先端処理は、こんな風にまとめてくれていた。

オレは、さすがにキャップはカブせていたものの、だらん… と出しっぱなしだったので、さすがプロの仕事というべきか。





もちろん、リアブレーキもこんな感じです。

(^^)b





あ、そうそう。

ともさんに 「LITHION3 もあるでヨ」 と教えてもらったので、つい衝動買いしたのだった(笑)



さっそく交換しようと思ったが、リドレーさんの GP4000 は、まだ 1,300km あまり、 R3 のミシュランダイナミックスポーツに至っては、また 1,000km も走ってなかったので(笑)、このまま備品として保管するコトにした。



あぁぁ…

早く Amazon 来ないかナ…

(笑)



-----
2017 年 2 月 12 日  10:30  追記

と、思ったら。

Amazon さんの荷物が宅配された(笑)



さっそく R3 のハンドルに付けてみた。





デカッ!

オレのスマホは hTC の u11

画面サイズが 5.5 インチあるので、まぁこれは仕方ないのだが、それにしてもデカい(笑)





前から見たら、何だかスゴいコトになってます(笑)



そんなワケで、思惑通りにコトが進んだので、昼メシ喰いがてら、どこかにポタってこよう♪

行ってきます(笑)



-----
2017 年 2 月 12 日  18:15  追々記

ただいま(笑)



スマホフォルダーをくっつけたところで、 TOPEAK の 「Panobike +」 というサイコンアプリをダウンロードし、使ってみた。

サイコンアプリというと、 Runtastic が有名だが、有料版へのアプローチがとってもカンに触る(笑)

Panobike+は、そんな誘導もなく、普通に使えるので、なかなかいい感じである。





冬枯れの総合公園。

風が強くて、めっちゃ冷たい。





早くもコレ(笑)



ココまで来たので、もう少し足を伸ばして巨大ホームセンターへ。

前から欲しかったモノがある。





こんな感じで駐輪したケド、安心と言えば安心だが、不安と言えばめっちゃ不安です(笑)





買ったのはコレ。

今、通勤で使ってるカバンのファスナーが固くなってしまい、ネットでの評判も大変によいので、一度使って見たかった。





何だか鉄っちゃんが喜びそうな橋だが、通るのは東武野田線(笑)



そんなんで、適当に走っていたら、下の子が通っていた高校の近くに出てきた。

お腹もすいてきたので、近くの日高屋へ(笑)





中華そばと半チャーハン、餃子のセット。

明らかにポタにはカロリーオーバー(自爆)



で、サイコンアプリの Panobike+であるが、さすがに GPS だけで計測してるだけあって、速度表示なんかはかなり大雑把。

15 〜 6 キロぐらいのスピードから、いきなり 30 キロ超えたりと、ズバ抜けたスプリント能力(笑)

センサーキットを買えば、もう少し精密にはなるんだろうが、さすがにそれはいりません。



それでも平均値的には、そこそこだし、画面もある程度のカスタマイズはできる。

履歴表示もわかりやすいので、ま、当分はコレを使ってみましょう。



それから、シリコンスプレーだが、すんごいスカスカになりました(笑)

556 は油分が多いので、ベタベタになるが、これはそんなコトもなく、ファスナーもあってないものの如く(笑)、シャーッ! と開閉できて、何かに引っかかってファスナー全開、衆人環視の中でカバンの中身をブチまけました、なんてコトにならないか、不安です(爆)



というワケで、相変わらずリドレーさんには乗らない日々(笑)



| Escape R3 | 11:10 | comments(4) | - |
シビれた!


第52回スーパーボウル勝者!

フィラデルフィア・イーグルス!



周囲もオレも、ペイトリオッツ絶対有利だと。

オレの中では9割方、ペイトリオッツの勝利だと思っていたワケで。

それが、レギュラーシーズン後半でグロンクが脳震盪プロトコール入り。

これで8割になったのだが(笑)、最終的にはグロンクのスーパーボウル出場が決まり、また9割に戻った、と(笑)



前半はブログの忘備録的に、キープレイをメモしていたのだが、後半なったら、そんなん忘れちゃったヨ(笑)

お互いキックをはずしたり、どちらも 「らしくない」 ゲーム展開ではあった。



第2クオーター11分で、ブレイディへのパスというスペシャルもあったが、見事に失敗。

そして後半ではワイルドキャットからQBニック・フォールズへのTDパスが決まり、思わずテレビの前で叫んでしまった(笑)



第4クオーター残り時間わずかなところで、イーグルスのDEブランドン・グラハムのQBサックが決まり、これでほぼ試合の流れは決まったワケだが、このままで終わらないのがペイトリオッツの怖いトコ。

去年の悪夢が蘇る…



が、最後のヘイル・メアリーもエンドゾーンで渾身のレシーブをカマしたグロンクに、まさにスウォーム。

この瞬間、フィラデルフィア・イーグルスのスーパーボウル初制覇が決まった。



シビれました。

ホントにシビれた、ビッグゲームだった。

もうテレビの前で叫び過ぎて、ノド痛い(笑)





そしてこの試合のMVPはニック・フォールズ。



先発QBのカーソン・ウェンツが絶好調で、レギュラーシーズンでは、この人の出番はまったくなかったワケだが、第14週でウェンツがヒザを負傷。

残り3試合を任された形となったが、初戦こそややパスに難が見られたが、ランパスオプションを駆使して、終わってみればQBレーティングが122という、凄まじいコトに。



もっとも、解説の生沢さんが言うには、イーグルスのHCダグ・ペダーソンも控えQBだったそうで、いきなりの大任がまわってきたニックに過度な負担がかからぬよう、短めのパスを多用するなど、十分な配慮をしていたと。

それが功を奏したのか、スーパーボウルでは長いパスもビシビシ決まり、獲得パスヤードも300越え。

ま、トム・ブレイディはこの試合で500ydを超えるという、人とは思えない記録を出したが(笑)



2012年にドラフト3巡めでイーグルス入り。

翌年には対レイダーズ戦で、パス28/24、400ヤード越え、7TDという、これまた驚異的なレコードを叩き出したワケだが、2014年に鎖骨骨折、それからはラムズやチーフスを転々として、またイーグルスに戻ってきたという苦労人。

それでも急成長したカーソン・ウェンツの控えQBだったが、思わぬチャンスが巡ってきたのは前述の通り。

そして、この晴れの舞台でスーパーボウル勝者となり、MVPも獲得。



来シーズンはどうなるんかネ。

ウェンツのロースターは変わらないだろうケド、スーパーボウルMVPを控えにしとくワケにもいかないと思うし、QBに悩むチームは多いだけに、去就が注目されるところではある。



ま、何はともあれ!

フィラデルフィア・イーグルス! おめでとう!

心ゆくまで勝利の美酒に酔ってください!



すばらしいゲームをありがとう!



| アメリカンフットボール | 13:24 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Categories
+ Archives
+ Links
+ Profile
+ Others
このページのトップへ行くっす